めるものセレモニーで読経は?

めるものセレモニーで読経は?

めるもでセレモニーをさせていただく時にスタッフにより般若心経を読ませていただきます。

どこの宗派にもあり短い経の中に意味が込められています。

その意味を書きます。

般若心経

『あなたが、あなたでいることがステキなのです。 
あなたの個性も、あの人の個性も、尊重します。 
この世には、あなたにしかできないことがあるのです。 
あなただからできる生き方が必ずあります。 
それを見つけて、あなたの道を歩いて行きませんか? 
それにはまず、あなた自身を見つめ、よくあなたを知ってください。 
何かにしがみついていても、一生ものではありません。 
あなたの心や体も変わって行きますし、この世に存在するもの全てが変わって行くのです。 
ヒョイと、流れに乗って、その流れの上に浮かんで、澄んだ宇宙を見上げてみる・・・そういう気持ちで小さな一歩一歩をゆっくりと歩いて行きませんか? 
あなたにできることを、あなただからできることをすることによって、歴史や人など、大切なことをあなたが繋げているのです。 
だから、あなたは、とても大事な人なのです。 
あなたの歩幅で、人と比べず一歩ずつ、ゆっくりと、あなたのペースで、歩いて行きましょう。』

なかなか意味を考えながらお経を読んだり聞いたりはなかなか無いと思います。

めるもでは意味を考え 小さな家族に対して思いを込めて 読まさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です