春彼岸法要 (オンリーワン ペット霊園

春彼岸法要 (オンリーワン ペット霊園

840AE757-480F-4BFE-BA93-E10AFEAFB73D

今日はいつもお世話になっています廿日市市にあるペット霊園     オンリーワンさんの春彼岸法要のお手伝いをさせていただきました。

始まる前は少し雨が降っていましたが、、法要が始まるくらいからあがり 桜の花ビラが舞い散る  とても良い法要となりました。

大切な家族の為に集い 思い出しまた涙され『また来るね 』と皆さん思われた事でしょう。

ここは広島にあるペット霊園の中で本当に家族と共に穏やかな安らげる場所になるでしょう。

38129605-04F9-4378-9003-6FC5EAC6CF893C419F10-A872-4629-AD56-026C9C5F3B596EA7F810-D9CD-42F5-8525-43318BCC00B6DA9CDD20-80A2-4F6D-942F-73FFE4656682BD1DD109-2C9E-4DE2-BDE6-52D06F3DF80FF17D8E91-8620-44D8-9247-680310F27D60375C386A-FD6F-49CF-B3F9-64A207EDCACB

亡くなるという事

亡くなるという事

 

亡くなるという事、、

僕は次のように考えています。

この現世では借り物の体に魂を入れ 器によって期限があり

どこかでは器は必ず返さなくてはいけない、、永遠の命など無く

むしろ 本当の永遠の命とは 血の繋がりだけではなく 他人や種類が違っても その存在を心の中に存在し続ける事

記憶や思い出が無くなる事こそ亡くなると感じています。

思い出したり 懐かしみ話しに出てくる時はまだ心で生きているように感じます。

ペットセレモニーの仕事、、お見送りのお手伝いをさせていただきながら  常に思う事

『いつまでも 忘れないよ、、いつかまた逢い 家族になれますように、、』

別れではなく また逢う為の器探し、、いつの日か、、必ず。

いくらお金や名誉があってもいつかは必ず無くなる器。

それは ペットも我々にも平等に

花は散っても また来年も咲く

そこに家族という木がある限り

FullSizeR (023)

知らないからこその後悔

知らないからこその後悔

広島市や廿日市市の運営するペット火葬は合同火葬です。

合同火葬って何?って事から知らないと変わりません。

ウチの子もよその子もその日に集まった子達をいっぺんに火葬するのが合同火葬です。

ちなみに火葬すると火葬炉の中で動くので熟知した人でない限り どの子か分からないのです。

お骨を一部返してくれる廿日市市でも 本当に我が子かは疑問です。その時に 我が子だけなら間違いないと思いますが、、他と重なった場合は分からないでしょう。

確かに ペット火葬業者に頼むと火葬料金も高く市で送る金額の何倍もします。

ですが、、家族、、我が子と変わらない存在のあの子達に対して 最後の最後に物として終わり後悔は無いのでしょうか?

私達は知らないかったからこそ今のめるもを始めるキッカケになったのです。

後悔をして欲しくない思いなんです。

いつの日かまた逢える、、また家族になれる、、なりたい!そんなお見送りを是非考えて欲しいと願います。

お墓やお経や形から本当の供養は無いはずです。

あの子達の一番望むのはアナタの傍に居たい、、忘れないでいて欲しいはずです。

いつまでも家族。そのお手伝いを私達は忘れず頑張りたいと思います。

IMG_3095