2021.1.10

2021.1.10

早いものであっと言う間に年が明けて10日経ちました。

年末 年始関わらず沢山の子達をお見送りさせていただきました。

人と同じく この寒さはかなり辛いものとなります。

我々は少し体調が悪くなると薬を飲んだり 医者に行ったり直ぐに行動出来ますが、、

この子達はまずは悟られないように隠します。動物の本能なのでしょうね、、

自分の死期を分かってるかのようにも感じます。

その中でも我々に応えようと頑張ります。

その姿は我々も学ぶところがあるように感じます。

家族と少しでも長く 穏やかな 安らかな時を過ごせますように願うばかりです。

今日は外は雪が降っています。

地域猫のシロちゃんと、、種は違っていても一緒にお見送りしてくれています。

7564AE90-70F7-4AA8-8EDF-9FCDA5BF915B

ご挨拶

ご挨拶

本年も沢山のお見送りのお手伝いをさせていただきました。

ご家族が寄り添うセレモニーだけでなく

事故にあい家族のいない子達

家族に捨てられた子達

いろいろ送らせていただきました。

どの子も虹の橋🌈の袂へと旅立ってくれた事と思います。

家族のいない子達は僕が家族になります。

一人っ子の僕にとって来世は沢山の兄弟や姉妹に囲まれると信じています。

いつの日かまた家族になれる、、そう思っていただけるお見送りのお手伝いをこれからも変わらず努めてまいりたい思います。

改めて 頑張り抜いた子達やご家族の皆様に心から感謝、、また出会う為にエールを送りたいと思います。

『みんなお疲れ様〜また出会いましょう。いつまでもいつまでも繋がってますよ!また出会うその日までこっちで頑張ります。その日まで、、ありがとう。』

 

貞守孝昭

ご挨拶。

ご挨拶。

年末のご挨拶

今年もたくさんの可愛い子達のお見送りをご一緒させていただき、誠に有難うございました。

個人的には実家の黒猫、ネロちゃんが虹の橋を渡って1年が経ちましたが、まだまだ思い出しては胸が詰まりネロへの感謝の気持ちでいっぱいになります。

まだ喪失感で涙を流されている方、少しずつでも前に進もうとされている方…

セレモニーをさせていただきいつも感じる事は、それぞれのご家庭で皆さん、一緒に過ごした時間が長かろうと短かろうと、大きかろうと小さかろうと可愛い我が子と深い愛情で繋がっておられます。

そして人とは違う、動物の持つ力に感動を与えられます。

ご縁によって家族になり、虹の橋へと渡った子達、また巡り逢えます。

虹の橋を渡った全ての子達へ、皆さんに代わって伝えます。
『本当にありがとう!』

来年もどうぞ『めるも』を宜しくお願い致します。

田口美枝

E8924CAF-789A-4184-97A9-D4E848F16AAC