供養の形は?

供養の形は?

供養の形

供養とはお金をどれだけかけたか?ではありません。

それは人のだけでなく小さな家族ペットも同じです。

こうしないといけない!

ちゃんとお墓にいれなくてはいけない!

なんて決まりや形はありません。

亡くなった子たちに我々家族がどう向き合い 残された我々がどう生きるべきかを考える事が供養だと思います。

昨今 ペット火葬業者もようやく合同火葬をしなくなり何故合同火葬はいけないのか?を考えるようになってきました。 答えは簡単です。

人が亡くなり火葬で合同火葬はありません。

人でしない事をあの子達にするのは利便性や効率的などの理由です。

物として考えるからなのです。

他社さんのホームページやブログを拝見したりしますが、、よく『供養』って使いますが、、その言葉で後悔に繋がる導きだけは勘弁していただきたいと思います。

あの子達は大好きな大好きな家族の傍が一番!!

僕はウチの子達を全て看取り4匹が虹の橋🌈へと旅立ったら少し気持ちが落ち着くまで一緒に過ごした部屋に置いてあげ

いずれ自分が入るであろう墓に入れたいと思います。

ちなみに最近流行りのペットと一緒に入れる専用のお墓ではなく普通のお墓です。

あれはいかにも専門みたいに言いますが、、法的にはどのお墓にも一緒に入っても良いのです。

ただ宗教的な問題や先代が反対するかもしれませんが、、

僕は誰に何と言われようが一緒に入りたい。

我が子であり友であり いろんなモノを与えてくれたあの子達と一緒に、、小さな家族と共に!!

それが めるもの考える供養の元なんです。

9B5826D6-41FF-49F8-A04C-9807CDA2D235

ペット 火葬業者 について

ペット 火葬業者 について

ペット 火葬 業者

ペットのセレモニー 火葬するにあたり後悔しない為のポイントについて書いてみたいと思います。

先ず業者のホームページは必ず見ます。

そこで やたら言葉で洗脳ありき(供養とか墓にいれましょう)が当たり前に書いてある業者はNGです。

そうしないと供養出来ませんみたいな思いに家族の気持ちを持っていくのは最低です。

本来 供養は何かを考えたらお分かりなはずなのです。

形に拘ったりお金が高いほどちゃんと供養出来るなんてあり得ない事です。ですから お坊さんに読経してもらっても 供養とは別問題に思えます。

火葬には固定炉と移動火葬炉があります。

固定炉はいわゆる施設に持ち込むタイプ 基本 街中には固定炉は置けないので市街地の人里離れた山の中が多く

悲しみの中 小さな子でしたらまだしも少し大きな子は連れて行くだけで大変になります。

もう一方の移動火葬は車に火葬炉が積載されていますので ご自宅までお伺いしたり近隣の100🅿️など私有地を利用して火葬が出来ます。ですが炉が小さなタイプなので大きな子が出来ない場合もあります。

どちらもメリットデメリットがあり家族やその子によって考えられたら良いと思います。

移動火葬業者は悪いとか言う固定炉業者が言う場合もありますが、、何ら問題もなく炉の形ではなく あくまで業者の姿勢(あの子達、ご家族とどのように寄り添う事が出来るか?)が問題だと思います。

そこでホームページのブログは必ず読みます。ペット、、あの子達とどのような思いで接しているか?言葉の端々に感じられるはずです。

自らペットを飼い 家族として接し 亡くした悲しみを経験し分かち合える事 

施設がいくら綺麗でも そこは外せまん 施設はお金さえあればいくらでも綺麗に出来ますが、、送る人は寄り添い分かち合う人でなくてはならないと思うからなんです。

あの子達の前で嘘を言わない人 未だに黒い塊は癌だとか悪い箇所だと平気で嘘を言う業者も沢山あります。

勉強不足でありご家族に後悔の元を上塗りしたいのか?と感じます。

あの子達を物として扱っている事すら気づかないであとから後悔だけはして欲しくありません。

少しでも気持ちが楽になり前に歩めるように 一緒に寄り添ってくれる業者を焦らず見つけてください。

またいつか 家族になれますように!!願っています。

爪痕

爪痕

44027F20-A34F-45C9-8D6B-C3AFD057B8D0

あの子達の爪痕

うちには4匹の猫がいます。

子猫の時は必ず 壁紙やカーテンや隅っこなどに爪痕を残します。

床は爪で傷だらけ、、

家を建てた時 フローリングや壁紙がこんなになるとは想像すらしませんでした。

物を落とし傷が入るだけで気分が滅入り 絶対に傷や汚れなんてあり得なかった!

クローゼットの扉は16万円もする天然無垢の素材のオーダーメイド 僕なりに拘りのクローゼット!!

それが今ではもうすぐ開通するほど掘れています。(笑

以前でしたら発狂しそうですが、、今では笑って見ています。むしろ 開通するのが楽しみにも思えてきます。

それは、、この子が元気でストレス発散の為にしている行動ですから、、

この子のお気に入りの場所は僕にもお気に入りになります。

どこのご家族のどの子にもあるでしょう? そんな場所!

見たら笑える場所 思い出される場所 物でも同じです。

いつの日かこの子達と別れる日がくるかもしれません。

でも僕は直したり捨てたり出来ないかもしれません。

そんな事を考えながら今も横でカリカリ爪痕を残しています(笑。