ご報告、、、めるもの田口です。

ご報告、、、めるもの田口です。

ご報告が遅くなりましたが、無事に『わんにゃんチャリティーふぇす』を終えることが出来ました。
╰(*´︶`*)╯♡

お天気にも恵まれ、素敵なイベントとなりました。

懐かしい方々にもお会い出来、ゆっくりとお話しすることは難しかったのですが、合同慰霊式、追悼コンサート、君との想い出コンサートでは可愛い我が子を思い、涙される方々もおられました。私も自然と目に涙が浮かんでいました…。

ドッグダンスでは人とわんちゃんとの息がピッタリ😄たまに戸惑ってる姿も又可愛いらしく、見ている皆さんも笑ったり、拍手したり…とても楽しませて頂きました🎶

フラダンスでは、私は間近で拝見するのは初めてでしたが、それは優雅で素敵!小さなお子さんも踊られて、他の方もおっしゃってましたが、とても癒やされました
💕

譲渡会では、猫は環境を変えると体調を崩しやすかったり、本来のその子の性格等も分かりにくいので、写真を展示させていただきました。わんちゃん達にはボランティアさんに連れて来て頂きましたが、どの子も可愛いらしく、一匹でも多く温かい家族に迎え入れてくださることを願っています❣️

第1回目の『わんにゃんチャリティーふぇす』でどの様になるか不安でしたが、皆様のお力添え、支えがあってこそ実現出来た記念すべきイベントでした。改めて全ての方々に感謝致します。本当にありがとうございましたm(_ _)mm(_ _)m

めるもの苗

めるもの苗

4月23日(日)の『わんにゃんチャリティーふぇす』で販売する、『めるもの苗』の準備が出来ました!亡くなった子達を想いながら準備しました。

今回は花が咲く前の苗です。

どんな花が咲くのでしょう?
どんな色でしょう?

身寄りのない子の遺骨、拾いきれなかった残骨を土と混ぜた『めるもの苗』

新しい命として、皆様の愛情で育てていただけると、私達も嬉しいです(*´꒳`*)🌺

1個500円 限定40個

売上は、経費を除いた全てをボランティアさんにお渡しし、保護されている動物の為に活用していただきます。

是非この子達に会いに来て下さいね🐕🐱

IMG_3113

めるも号

めるも号

IMG_3095

めるも号はナンバー2484です。

虹の橋🌈へと渡す車となっています。

ひとり  ひとり ゆっくりと昇っていきます。

天国へと、、、。

めるも号は条件さえ整えばどんな場所でも行けます。

(道路や公園など公の場所は法律上火葬出来ません。)

 

わんにゃんチャリティーふぇすまであと一週間

わんにゃんチャリティーふぇすまであと一週間

23日のイベントまで一週間を切りました。

初めてのめるも主催のイベントであり、

2016年に亡くなった子達の合同慰霊式を執り行いさせていただき、

その他でも亡き子達を偲び 追悼コンサート、思い出コンサートをいたします。

屋外では譲渡会を開き、ケータリングカーにもきていただいています。

ペットに関係ない方々にも楽しんまでいただける会に出来たらと思っています。

是非 お越しください。

IMG_2460

めるも の気持ち(貞守)

めるも の気持ち(貞守)

お別れ式について、、、

めるもでお別れ式をさせていただく時に先ずは、、
棺に寝かせてあげます。
(赤ちゃんに戻るイメージで揺りかごやベビーバスケットをイメージしたバスケットを利用しています。)
明るい花で飾り 生前食べてたご飯や服などを棺に入れてあげます。
他では ダンボールの棺だったりしますが、、、僕の気持ちとしては、、大きさや重たさで値段をきめ それに加えダンボールの棺では物扱い、、宅配便のような扱いはしたくありません。
人は大きさで値段は変わりません。
それなのに、、、最後の最後に愛おしい我が子達をダンボールで送るのはあまりに悲しいと思います。

それが当たり前なペットセレモニー業界。
飼い主、、家族が悪いのではないのです。
コストを低くし普通のダンボールでは 格好つかないので 多少のデザインがあるだけなのです。

病院なんかでもらえる棺はペットセレモニー屋が病院に配り 密に引っ付いているから 当たり前になったのです。

ご家族はそこまでわからないから今まで 当たり前として送られてきた事だと思います。

次にめるもでは ご家族から要望がなければ仏教的に送らさせていただいています。
宗教に拘ったのではなく 送る上で 全ての動物を守ってくださる 馬頭観音様で送らさせていただいています。

お経は『般若心経』を読みますが、、その前に表白文を読んでいます。これは人の時も同じように読みます。

表白文については別の機会にブログの書きますね。

それからご家族による出棺になり火葬となります。

火葬後は ご家族による収骨となります。
僕は知る限りの説明をしています。

この子達からの最後のメッセージを伝える為に、、、。

セレモニーはさまざまなやり方があるとは思いますが、、

一番はご家族が 後悔のないやり方で送ってあげる事だと思います。

僕は 実家で飼っていた チビを送った時に何も分からず、、ダンボールの棺に入れ合同火葬にし収骨すらしませんでした。親が決めた事で 僕は何も知らなかったので、、、知らない事とは言え 未だに後悔しています。

めるもでセレモニーする子の中で雑種で中型犬を見る度に チビを思い出します。

取り返しの出来ない、、、後悔。

そんな思いを知らない人達にしてほしくありません。

 

当たり前を変えたい。

姿 形は違えど家族、、

また逢えるように、、

また家族になれるように、、

これからもめるもは次に繋がるやり方で小さな家族の送り人として、、虹の橋🌈へと送らさせていただきたいと思います。

ラジオ収録しました。

ラジオ収録しました。

IMG_2983

前回動物供養塔の件で出演させていただいたRCCラジオで、今回もDJの桑原(バーバラ)さん、太光寺の方、古江中央霊園の方と一緒に、4月23日の『わんにゃんチャリティーふぇす』について収録させていただきました!

ふぇすの主旨や合同慰霊式、当日のプログラムなど話し…番組内で流れる曲は、私がリクエストした、スピッツの『猫になりたい』です。
(=^ェ^=)
色々お話ししたので、時間の関係で、サビまで流れるかどうか…(≧∀≦)

放送は
4月16日(日)
RCCラジオ
午前11時30分〜11時45分
行者山だより

是非聴いてくださいね
(^O^☆♪

小さな命、、、田口です。

小さな命、、、田口です。

ボランティアさんから連絡を受け、もうすぐ1歳になる保護猫のセレモニー。

この子の名前はありません。
名前のない子にはボランティアさんに、又私達も一緒に付けさせていただいてます。

牛田新町で保護されたので、
『しんちゃん』と名付けさせていただきました。

チャトラの可愛い顔をした男の子。左手を上げ、まるで敬礼をしているような、顔を洗っているような格好をして…。

なかなか慣れる事が難しく、最後まで人を信用していなかったそうで、優しいボランティアさんもお辛い思いをされていました。

去勢手術も済み、元気だったのに突然の出来事。

オンリーワンさんの霊園をお借りして、夜のお見送りとなりました。

火葬前にいっぱい、いっぱい顔や骨ぼねしい小さな体を撫でてあげ、『ちゃんとしんちゃんの事見てるからね』と声をかけ…虹の橋へ向かって行きました。

一つ一つ骨を拾い『さあ、しんちゃん一緒に帰ろう。』

来世では元気で長生きして、人の温かさが伝わりますように…。IMG_2957

思い出す、、、田口です。

思い出す、、、田口です。

古江中央霊園の動物供養塔にて春彼岸の法要がありました。

セレモニーさせていただいた方々にお会いし、皆さん我が子を思いだし涙を流されるご家族もおられ…

私も身寄りの無い『めるもの会』の子達の顏を思い出し、セレモニーの場面を思い出し、自然と目頭が熱くなりました。

身寄りのない子の仮ではありますが家族として供養させていただきました。『めるもの会』の子達を思い出してあげることは、自分の中で大切な事と考えます。

亡くなった人、動物も毎日でなくても、何年経っても、思い出す…

思い出された人、動物も喜んでくれるのではないでしょうか(●´ω`●)

『めるめの会』のプレートを撫でて、(又来るね)と伝え無事法要を終えました。
(=^ェ^=)U^ェ^U

  • IMG_2878