廿日市市ペット火葬とめるもの違い

廿日市市ペット火葬とめるもの違い

廿日市市ペット火葬場とめるもの違いについて

①廿日市市、、小動物の死体は、ひつぎ、ダンボールなどの入れ物に入れて持ち込んでください。特に、体液などが外部に漏れる恐れがある場合には、布などで包むなどの対策をしてください。

①めるも、、ひつぎはベビーバスケットをご用意しています。体液が出る前に保冷剤などでお腹や首を冷やす事により腐敗を遅らす事が出来ます。ご家族が集まれるタイミングでお見送りしてあげましょう。

②廿日市市、、ひつぎなどの中には、副葬品(首輪、服、食品など)を絶対に入れないでください。

②めるも、、副葬品は沢山でなければ入れてあげる事が出来ます。出来るだけ準備しておいてあげてください。入れてあげたい物はセレモニー当日ご一緒に考えたいと思います。(お手紙 家族写真などもおすすめいたします。)

③廿日市市、、お骨の引き取りを希望する場合は、市役所または各支所の窓口で、火葬場使用許可申請を行う際に必ず申し出てください。事前に申し出がない場合は、お骨を渡すことができません。

③めるも、、ご家族の傍でお見送り出来ます。全て残す事なく拾骨 返骨いたします。大好きな家族な元へ お家へ帰れます。

棺 骨壺 骨袋全てついています。

IMG_3095

移動火葬車でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です