ペットの腐敗について

ペットの腐敗について

可愛い我が子が亡くなり悲しみの中? 少しでも長く一緒にいたいけど腐敗が進み哀れで可哀想に急いで火葬しないといけないって思われるご家族は多いと思います。

人の場合は安置所(霊安所)などあり? 言わば冷凍しある程度は日にちをかせぐ事も出来ますが、、

ペットの場合はなかなかそのように預かる場所も無く

泣く泣く亡くなった日から一日か二日くらいでは火葬や土葬したりするようになると思います。

腐敗は空気に触れれば触れるほど進みます。

一見土葬すると早く骨になりそうですが、、本当は真逆で空気に遮断されなかなか土になる事はありません。

もし少しでも遅らせたい場合は

ドライアイスがあれば一番良いのですが、、どこで買ったら良いのか分からないし悲しみの中調べたり足を運んだりするのは辛いと思います。

家にある物、コンビニで売ってる物で100%とは言えませんが対処できます。

保冷剤やビニールに入れた氷、コンビニで売っている大きな氷を砕かずに小さな子(チワワ、ダックス、猫など)は段ボールか発泡スチロールを用意し下にペットシートをひきその上に寝かせてあげ? 太ももとお腹脇の辺りに氷を挟んであげると3?4日くらいは大丈夫です。氷は溶けますので何回も変える必要はありますが、、

ドライアイスには劣りますが、、小さな子ならかなり遅らす事が出来ます。

どの子も口やおしりから必ず少しづつ血やウンチが出たりするかもしれませんがその度に濡れテッシュなどで拭いてあげれば良いと思います。

一番難しいのは太った中型犬やパグやブルドッグのような犬種? ラブラドールのような大型犬は氷を変えたとしてもかなり腐敗速度は早く氷ではなくドライアイスをオススメします。

ドライアイスの場合は必ず直に当てるのではなく少し離した場所に置くようにしてください。直接だと火傷や皮膚に張り付き取れなくなります。テッシュなどで包みお使いください。

火葬する日が合わない、家族が集まるまでタイミングが合わないなどどうしても時間や日にち調整の必要のある場合はこのようにして少しでも一緒にいられるようにしてみてはどうでしょうか?

焦り後悔するより急ぐより穏やかにゆっくりと送ってあげましょう。それが私達めるもの考えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です