供養の形

供養の形

『供養』って言葉で誤魔化されていませんか?

よく葬儀屋さんや霊園などで『良いご供養になります。』とか

これをしないと供養出来ないとか言われますね、、

形に拘る事が供養でしょうか?

お墓や葬儀をしないと供養にならないのでしょうか?

僕はそう思いながらあの子達をお見送りしていません。

僕の考える供養とは 存在を忘れないであげる事、孤独にしない事

形は変わってもいつも 一緒にいてあげる事だと考えています。

肉体から魂が離れ それぞれ家族の心へと移動し ふとした時に存在を感じる事が出来る

時には思い出し、、笑い、泣き、また触れたくなる。

それが本当の供養だと僕は思います。

今のお寺さんは形に拘る供養ばかりな気がします。

お金をいくらかけても どんなに派手な葬儀にしようが 僕が願う供養は 孤独にしないで思い出してくれ忘れないで欲しい供養

そのお手伝い、、それがめるもの考えであり伝える事だと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です