めるも で保護(子猫、、、

めるも で保護(子猫、、、

image

先日 お向かいさまからの依頼で子猫を保護致しました。

きっと親からはぐれたのでしょう。

とっても人慣れしていて甘えん坊の子猫

翌日にはメディカルチェックも済ませ、、

何の問題もない為に めるもで少し様子をみながら里親さんを探そうと思います。

めるも は基本保護活動はしていませんが、、この子を思うと ほっとけませんでした。

さあ  この子を大切に共に生きてくださる方を探しますか〜(笑

image

お別れ、、、めるも (田口

お別れ、、、めるも (田口

我が家の猫について、前回書かせて頂きました(=^ェ^=)

そんな3匹ともいつか必ず別れがきます。

正直、悲しいから考えたくはないですよね。
涙が出てきます…T^T

だけど、我が家の3匹はまだ若く、今は元気ですが、避けられない死がくる事を意識し、この子達に接するようにしています。それが良いかどうか分かりませんが。

何時までもいるのが当たり前ではない。だから、この瞬間瞬間を大切にしたいと…。
(人もペットも同じ)

過去から学んだ事です。

ただ、注意しておきたいのは、あまりにも異常にペット依存し過ぎると、亡くなった後にペットロスが酷く続くのかもしれません。
飼い主様の性格などにもよると思いますが。

愛するペットとの別れ、飼い主の誰もが深く、哀しい思いをし、何日も何か月も心に穴が開いたようで、苦しい思いをします。

私もきっと泣き崩れるでしょう。

それはおかしい事でなく、当たり前の事です。
泣きたい時は我慢せず泣きましょう。
気持ちの分かる友達などに話しをしましょう。
そして、時間をかけながら
心の整理をし、前に進むあなたをみて、その子はきっと喜ぶでしょう。

縁あって、その家の子となった訳です。
もしかしたら前世で自分がペットで、ペットが飼い主で、愛情を注いでくれてたかもしれません。

世界中沢山の命がある中で、自分の周りの人や動物達は何かしらのご縁があるのでしょう。特に家族は深い縁があるのかもしれませんね。

めるもではお別れ式の時、今世か、来世か、どのような形か分かりませんが、又出会い、家族になれますように…
との思いで送らさせていただいてます。

きっと、ご縁は結ばれるはずです。image

めるも で保護(仮名、、五右衛門ちゃん♂

めるも で保護(仮名、、五右衛門ちゃん♂

image昨日 めるもで保護した 推定3ヶ月の(仮名) 五右衛門ちゃん♂ これからメディカルチェックもろもろ済ませ、、、

里親さんを募集方向へ移行しようかと思っています。

かなりの甘えん坊さんで 寂しがり屋さん
少しの期間 めるもの子として育てます。

めるも から感謝。

めるも から感謝。

先日 セレモニーをさせていただいたご家族様から 、ケージや餌などをご寄付いただきました。

まだまだ真新しく見えるケージ…あの子の事を思い 、使っているところを想像されて、きっと買われたはず…

家のあちこちにあの子の残した 足跡…壁の傷や絨毯に残る毛。
一つ一つ ゆっくりと 消えていく面影…

『家の中が静かだよ…』

ご主人様のその言葉に、とても切なくなりました。

淋しは想像よりはるかに人の心に穴をあける事と思います。

この子を思い 寄付してくださった品は 必ず 次へと繋がさせていただきます。

新たなる 命を救い育てる方へと…

ありがとうございます。

めるも はこれからもご家族と寄り添えるよう精進していきたいと思います。

また 家族になれますように!!

image

めるも (田口です、、我が家のおでん達

めるも (田口です、、我が家のおでん達

image

今回が最終話、『おでん』ラストは、サビ三毛の『がんも』です(=^ェ^=)

個人ボランティアさんが保護された、60匹崩壊のうちの1匹。

最初人に慣れておらず、怯え、警戒した瞳で、一言も鳴くことはありませんでした…。
ただ、食いじがはっていたので、一旦逃亡しても、餌につられ捕獲出来たようです(笑)

我が家に来たのは、推定10カ月の時。

まだメディカルチェックや予防接種をしていない事と、ストレスを与えない為に、とうふやこんぶとは別の部屋でケージに入れました。

石のように動くことがなく、人前ではご飯を食べないので、ケージに布をかけ、気配を消し、しばらくすると…【カリカリカリ‼︎‼︎】なんとも軽快な音(≧∇≦)
もちろん一粒残らず完食🎶

猫風邪で鼻水ダーダー、目も充血、口内炎あり、病院でのメディカルチェックも行い…何といっても、60匹いた訳なので、どの病気を持っているか分からない。生後1年は経過しないとハッキリしない事もある…
色々心配しましたが、そんな中でも変わらなかったのは食欲!あっぱれ☆

おかげで、頭は小さいが体は大きなにゃんこです。

現在、推定1歳と5カ月のがんも。今ではとうふとこんぶと同じ部屋。

最初の頃が考えられない位、おでんの中で一番よく鳴き
(どこまで声が続くの?というくらいロングボイスで)
私の股や足の間に突っ走って来て甘えます
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

愛情を与えると必ず返ってきます。
人間の言葉は話せないけど、心でお互い感じるものがあるのでしょうね。

人と同じ、1匹1匹に個性があり、愛おしい存在。
こんなに癒しを与えてくれる
3匹にはとても感謝です‼︎

命を繋ぐ、預かる、育てる、
共に学び共に生きる。
めるもは考えます。

imageimage

めるも の貞守です。(寿命?)

めるも の貞守です。(寿命?)

ペットは何故 我々より早く亡くなってしまうのか??

単純に 寿命年齢が違うから?
それぞれに進む時間が違うから?

あれこれ 答えを求めると 悩み結果 何も出てこない。
医学的、科学的いろいろ本当は 答えあるのでしょうね。

だけど 可愛い我が子達を見ていると、、、

そんな理由で片付けたくなくなる。

無垢でいつも 我々に癒しと安らぎを与えてくれる。
なんだか 貰ってばかりな気もします。

人は 生きている限り、、常に欲と何らかしら求めているような気がします。 もれなく 私もそうだと思います。

いろいろ考えて ちょっとだけ納得がいく 答えが出たので書いてみます。

神様や仏さま が本当はちゃんと居て 人界は神や仏になるための訓練所?修行の場だと考えると、、、
人は 命に対して 日頃から考えながら生きている訳ではなく。
生きてる限り 欲を満たす為に働いたり勉強したり 愛する事や愛される事 傷付ける事や傷つく事

一生を通じて学んでいく。

だけど 我々の小さいな家族は生まれながらにして これらを悟って生まれてきているように思える。
神や仏さまが 居て 人界を生きてる勉強、修行の場と考えるなら

当然 生きている修行期間は短くて当たり前だと思います。

だって 生まれた時から癒しや安らぎを生きてる間 与えつづけ 家族として寄り添ってくれ その人生の全てを我々に尽くしてくれる。

その瞳は悟りの瞳だったのかもしれません。

きっと、、。私はそう思うようにしました。

生きる物 全てに寿命、時間があり それぞれに何かしらの目的があり それを全うする為に今日があるのだと、

だから 後悔のない時を一緒に、、、、

image

めるも の貞守です。最近思う事

めるも の貞守です。最近思う事

 

めるも の貞守です。
最近 セレモニーでよくご家族から聞くのが『もっとしてやりたかった。寂しい思いさせてしまった。何かもっと出来たのでは?』

とみなさん思われます。

可愛い我が子 もの言わず我々に尽くし癒してくれる。
だからこそ 家族は 強く後悔されるのだと思います。

与えてもらうばかり、、だからこそ余計に、、、

お別れの時は『ありがとう。いつかまた会おうね。また家族になろうね。』と願われたはずです。

この子達が最後に思う事、、

なんて思うのでしょうか??

僕はセレモニーの時にこの子達の顔を毎回見ています。
どの子も亡くなる時は苦しかったはずです。顔も歪んでいるはずなのに どの子も穏やかな顔をしています。

きっと 亡くなっても見えてるはずなんです。

どの子も 大好きな家族が傍に居てくれ 僕、私だけを見てくれてる。お互いいろいろあった人生かもしれないけど、、、こうやって寄り添ってくれてる。

『嬉しいよ。』『また家族にしてね。』って聞こえる気がします。

だから、、最後は後悔しないで、、自分を責めないで、、

悲しい顔は この子達は苦手だったはずです。慰めたくとも慰めれない、、この子達も悩むはずです。

だからこそ、、ありがとう またね お疲れ様、、また家族になろうね、、、、別れではなく また会う為の門出にしてあげましょう。

めるも の貞守です。(熱中症)

めるも の貞守です。(熱中症)

image

こんにちは〜 めるも の貞守です。

最近 セレモニーでよく お話を聞くのが、、熱中症による原因らしきで亡くなるケースが多い事!

もともと 何らかしらの病気にかかっていても この 暑さをキッカケに一気に弱まるみたいです。

人も犬も猫も この湿度の高い暑さには 太刀打ちできません。

犬猫の室内飼いには必ず 扇風機かエアコンで対処してあげてください。

ワンちゃんの散歩も必ずアスファルトの温度を確かめて散歩に、、
途中で水分補給出来るように水飲みキットなどあれば良いですね。

首にアイスノンを巻いてあげたり、、

物言わぬ 家族ですから我々が気づいてあげましょう。

昔と違い 暑さが異常に我々だけでなく 犬猫にも 大打撃になってきています。

ストレスないように心掛けしてあげてください。

よろしくお願いします。*\(^o^)/*

少しでも 長く 大切な家族の為に!!

めるも の貞守です。動物供養塔にて!

めるも の貞守です。動物供養塔にて!

先日 ワンちゃんのセレモニーがあり

セレモニー終了後  ご家族から 『直ぐに お墓に入れてあげたいんです。』と話され、

動物供養塔へ めるも がご家族の代わりに納骨させていただく事になりました。

これは その時の様子です。

先ずは墓前にimage

それから 霊園の方と四人で 読経し納骨させていただきました。

image

ご家族の思いをしっかり伝える事が出来て

この場所で  安らかに 穏やかに 時を刻んでくれるでしょう。

 

また いつか 家族になれると良いね。

image

姫ちゃんからの贈り物

姫ちゃんからの贈り物

めるもでお見送りさせていただいた あるご家族のブログを拝見させていただきました。

一人一人ストーリーがあり。お見送りする時には 聞かせていただいています。
これから書かれているのはその ご家族とわんちゃん(姫ちゃん)の最後のストーリーです。
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
夫婦の結婚記念日のディナー

を予約しようとしていたある日,我が家の愛犬「姫ちゃん」が明らかにおかしなことになってしまったのです
これまで2度の乳がんを乗り越えて,最近では肥満で歩く辛さを味わいながらも,なんとか16歳と半年まで元気できてくれましたが,とうとう姫ちゃんにもお迎えが来てしまったのです

4月の予防注射のときは元気そのものでしたが,病院に運び込んだ時の血液検査では多臓器不全と診断され,処置中に脳梗塞の発作。一刻一刻変わっていく彼女をただただ見守ることしかできませんでした

「今日がやまです」との獣医さんの言葉にも負けず,彼女は3日間頑張ってくれました

人間にとってはたった3日でも,彼女たちにしてみれば2週間程度頑張ってくれたことになります。
旅立つ前夜は,一晩中苦しさに泣き続けた彼女を少しでも楽にしたいと,私も寝ずに看病しました。いまとなっては一緒に居られたことが嬉しくてなりません
家族全員,ただただ感謝しかありません。
一緒にいてくれてありがとう。可愛い笑顔を見せてくれてありがとう。甘えてくれてありがとう。時には困らせてくれてありがとう。わがまま言ってくれてありがとう。
そして,我が家に来てくれて家族になってくれてありがとう。心から思います。
また,今回のことで周囲の方の優しさを痛感しました。忙しい中深夜にもかかわらず最期に逢いに来てくれた友人,お花を買ってきてくれた友人,気持ちを共有してくれたご近所の皆様,励ましの言葉をくれた優しい方々,あなたたちのことは忘れません。本当にありがとうございました

そして最後に,お礼をお伝えしたい方々がいます。火葬をしてくださった『MERUMO メルモ』さんです。
どうしても遺骨を持ち帰りたく探していたところ,メルモさんのHPを拝見し連絡。しかし繋がらず諦めていたところ,ご丁寧に折り返しいただきました。
そしてまずはこちらのお願いごとや状況を丁寧に聞いていただき,できる限りご要望を伺いますと言っていただいただけでも嬉しかったのですが,本当に100%というくらい寄り添っていただけ,おかげでとても素敵な『お別れ式』をしていただくことができました。
思い残すことはありません。これだけ手厚くして頂いたのですから,姫ちゃんもきっと天国で元気にしているはずです
ゆっくりやすんでね姫ちゃん。16年と半年,本当にありがとう
以上がブログの内容です。
我々も小さな家族を失う 辛さ すごく 分かります。

ついさっきまで いつもと変わらず 癒してくれる存在 いつまでも いつまでも 一緒に居てくれると誰しも願うはず、、、、

ある日その日は必ずやってきます。

だからこそ 悔いのない 時を

悔いのない お見送りを、、

我々 めるも は同じ思いでお見送りできるようにこれからも努力してまいりたいと改めて思いました。

めるも をこのご家族と繋いでくれた姫ちゃんに心よりご冥福と感謝をこめ、、、

『ありがとう。またここの家族になれますように、、またね、姫ちゃん。』