広島では救急動物病院は少なく、、

広島では救急動物病院は少なく、、

 広島の場合ペットの救急に対応してくれる病院はなかなかありません、、あっても24時間年中無休ではなく

朝まで待ったり 病院を探すだけでもかなりの時間を要します。

そこで家族が出来る雄一の事

呼吸が止まり 心音が止まった段階から人の人工呼吸と同じく

救急人工呼吸をした後、もう一度呼吸と心拍の確認を行います 蘇生していない場合、今度は心臓マッサージを施します。

 左前足のひじを胸元に引き寄せ、接触した部分がおおまかな心臓の位置です。位置を確認したら、指を絡めて肘を張り、10秒間で15回を目安にマッサージを加えます。この場合は3~4センチくらい胸が沈む程度の強さで行います。圧力が弱すぎると効果が出ず、強すぎると肋骨が骨折してしまいますので事前の練習が必要です。

 マッサージが終わったらもう一度鼻先から息を吹き込みます。胸が膨らんでしっかりと息が吹き込まれているのをご確認ください。呼吸と心拍を読み取り蘇生したかどうかを確認します。

最初の心臓マッサージを施したにもかかわらず蘇生しなかった場合、心臓マッサージ(15回)・人工呼吸(1~2回)をワンセットとし、5~20分程度続け、3セットごとに蘇生確認(呼吸と脈拍)をしましょう。一般的に脳への酸素供給が5分断たれると、蘇生しても脳に重大な後遺症が残ってしまうと言われていますので、ぐったりした時を発見してからの飼い主の迅速な行動がキーポイントとなります。

なかなか その場ではパニックになり不安な時間ばかり過ぎていきます。

前もって 練習は出来なくともやり方だけは知っていても良いかと思います。

ペット(小さな家族)を送る時のかける言葉

ペット(小さな家族)を送る時のかける言葉

Googleである記事を見ました、、

犬や猫は亡くなっていつくらいまで耳は聞こえているのか?という質問からでした。

亡くなってから反応が無くなってから24時間近くは聞こえているそうです。

科学的に証明されたものかは分かりませんが、、

めるもでは目も耳も家族の姿 家族の声はいつまでもしっかり伝わっていますよとお答えしています。

目を何度も閉じようとしても 最初は瞑っていてもしばらくしたら そ〜っと開けてこちらを見てくれたり、、

話しかけてあげたら 穏やかな笑った顔にも見えてきます。

我々人の常識や当たり前の考え感覚とは少し違うようにも思えます。

とても不思議です。

めるもでは火葬に入る最後にご家族さまにかけていただく言葉は、、

また必ず逢えますし また家族になれます。

その日まで その日を楽しみに、、頑張ったあの子達の旅立ちに、、

『ありがとう、、お疲れ様、、またね、、楽しく仲良く遊ぶんよ!、、いってらっしゃい 早く帰っておいで、、。』などなど

『さよなら』ではなく、、

たまたま種が違って生まれ 運命の出会い いつも傍で家族を支え寄り添ってくれたあの子達に感謝と再会を込め願い 言葉をかけてあげてください!

しっかり聞いてくれているはずです。

野良猫(広島

野良猫(広島

野良猫

皆さんの住んでる地域にも きっと野良猫を見る事ってあると思います。

普段は庭で寝たり 糞尿したりと迷惑な存在だとされがちな野良猫!

この子達も我々と同じく、、

生き抜く事 食べていくだけで必死

この世に生まれた時に何匹かの兄弟はカラスの餌として 病気がちな弱い子は母親からも見捨てられ1歳を迎えるだけでも難しく亡くなっていきます。

1歳を無事に迎えても 食べる物もなく、、虫や草を食べ 命を繋ごうと必死!

車にはねられたり 病気になったり 決して 楽な人生とは言えないのが現状なんです。

憎ったらしく見えるあの子達も明日は無い命かもしれません。

勝手に増えて 好き勝手な存在に見えるかもしれませんが あの子達も人に接したり寄り添わなかったらこんなに野良猫なんて無かったはずです。

最近では国や県 市や町などが野良猫対策として地域猫やTNRがあります。

簡単に説明すると 罠を仕掛け 捕まえ 不妊去勢手術し子を残さないようにして また元の場所へ逃すのがTNR

それを地域で取り組み 役所などと連携してるのが地域猫

基本的に野良猫の寿命は3〜4年くらいと言われています。

要は子を産まないのだから 増える事なく いずれ0になるよ!!っ事になります。

住民からしたらその年数さえ我慢すれば0になるのだから 仕方なく了承するケースも少なくないでしょう。

  

ここまでの話しであれば簡単な話しですが、、 一番忘れてはいけない事は その間もあの子達は必死で生きてる事!!

食べたい、、生きたい、、当たり前に思うはず。

殆どんどの人はこの部分に関しては何も感じていません。

勝手に手術し子孫を作れなくしてしまい ホルモンバランス壊し病気になろうが 食べれなくなろうが 住民には関係ない事、、

それで良いのだろうか??

同じ事を我々人が受けた場合どうだろうか?

あの子達だって 感情は当たり前にあるし 怪我をすれば痛いし お腹は減るし 彼氏や彼女 家族だって欲しいかもしれません。

ほんの少しで良いから 野良猫に優しく せめて飢える事の無い環境にして あの子達を見て子供達が笑ってくれる世の中 地域になれば願うばかりです。

誰に対しても優しい世の中 日本で良かった ここに住んで良かった これからの子達に繋げれるように 我々が変わっていけたらと思います。