ペット 火葬 広島

ペット 火葬 広島

ペット 火葬

ペット火葬についてまだまだ知られて無い事が沢山あり 最近になりようやく ちゃんと家族として送られるようになってきました。

それまでは 御供養と名ばかりで合同火葬、、物として扱われていました。

火葬業者自体 かなりいい加減であり どこもホームページやリーフレットなどでは 良い事ばかり書いてあるけど、、実際は物を焼く業者でしかありませんでした。

段ボールへ入れたり キロいくら?って感じで値段が決まっていたり 拾骨もチリトリで集めたり まるで家族を大切に扱ってくれてるようには感じません。

めるもは施設ではありません。

移動火葬車により基本ご自宅にて火葬させていただきます。やり方もアナログチックではありますが、、ご家族様に寄り添いたいと考えています。

また逢えると思っていただけるように、、。

広島市の高天原や五日市や西風新都は合同火葬です。

我々 ペット火葬業者にもまだまだ合同火葬のカテゴリーがある業者も沢山います。

しっかりと調べてお願いするようにしましょう。

後悔の無いように、、。

F407A307-B61F-4A0F-B8AB-AD6957238354

ペット 火葬 広島 移動火葬

ペット 火葬 広島 移動火葬

ペット火葬について

ペット、、小さな家族に対して最後の最後まで希望を捨てずギリギリまで寄り添ってあげたいと思う家族、、

人の場合はある程度予想出来て準備も出来るでしょう。また周りからもサポートがありますしある程度は周りの力で流れる事でしょう。

ですが、、この子達の場合はなかなか周りのサポートもありませんし 業者によってもかなり違いがあります。

一度しかないお見送り、、後悔の無いお見送りをしてあげたい当然の思いです。

基本 知っていただきたいのは今のペット火葬は焼却に近い考えでいる業者が多く存在しています。

特に市の火葬場にあるペット火葬も焼却に思えます。決められた焼却炉に入る大きさや重たさに揃うまで待ちます。いわゆる合同火葬、、小さな子を一回一回火葬するよりまとめて燃やした方が効率が良い、、送ると言うよりは燃やすって感覚だと思います。

ご供養って言葉を使っていますが、、そんな言葉で誤魔化され他県に持って行かれるのが供養となるのでしょうか?

僕はそう思いません。せめて広島の子は広島へ埋葬されるべきです。

大人の事情でしょうから仕方ありませんが、、

合同火葬は値段が確かに個別に比べて安く出来るのは効率化だけであり いつ火葬するのか?どのように供養されているのか?どこへ行ったのか?沢山の疑問点が出てきます。もしかしたら埋められたりまた別の処分をされてる?かもしれません。我々は業者を信じるしかありません。

ですから僕の中で合同火葬ってカテゴリーはあり得ないのです。

まだ ペットセレモニーを考えていない時に実家の犬をペット火葬業者に依頼し 送ってしまった後悔からいろいろ考え今があります。

その時も合同火葬でした。値段もですか、、供養塔へ入れてもらえると信じたからです。しかし 考えてみたら かなりの子達の骨を全て供養塔へ入れるなんて有り得ないと 気づきました。

闇の多いペットセレモニー業界

本当の供養とは何か?

火葬が全てではなく。

土葬だって悪くなく。

本当の本当は何か今一度 よく考えていただきたいって思います。FEB25F10-7196-4587-B284-52AE1E47AA08

マンションなどのペット火葬について

マンションなどのペット火葬について

マンションでのペット火葬について

マンションの場合は共有地が多くたとえ割り当てられた駐車場であってもマンション管理をしている方々の許可が必要な場合もございます。

また駐車場であっても時間帯によってはお受け出来ない場合もございます。

その場合 近くの100円パーキングを借りたり周りに配慮出来る場所でのお見送りとなります。(〔注〕公園、公道、河川敷などではセレモニーいたしません。)

めるもプランなどのご家族さまに拾骨をご希望される場合は安心して心穏やかに拾える場所まで来ていただく事もございます。

日中は比較的 周りには気づかれたりしないので良いのですが、、家族が集まれる夜17時以降の場合は 特に周りに配慮しなくてはなりません。

犬種によっては街中では出来ない場合もございます。

ビークル、ダックス、コーギー、ラブラドールなどで肥満体質な子は特に場所を選ばないといけません。

めるもでは種類や大きさで値段やプランは変わりませんが、、簡単にお受けし結果ご家族さまが後悔に繋がるセレモニーはいたしたくありません。

周りにも配慮し気持ちよくお見送りしていただきたいのです。

ご家族さまの悲しみに寄り添いこの子達の明るい旅立ちのお手伝いをめるもは心がけてまいります。

FEB25F10-7196-4587-B284-52AE1E47AA08