亡くなるという事

亡くなるという事

 

亡くなるという事、、

僕は次のように考えています。

この現世では借り物の体に魂を入れ 器によって期限があり

どこかでは器は必ず返さなくてはいけない、、永遠の命など無く

むしろ 本当の永遠の命とは 血の繋がりだけではなく 他人や種類が違っても その存在を心の中に存在し続ける事

記憶や思い出が無くなる事こそ亡くなると感じています。

思い出したり 懐かしみ話しに出てくる時はまだ心で生きているように感じます。

ペットセレモニーの仕事、、お見送りのお手伝いをさせていただきながら  常に思う事

『いつまでも 忘れないよ、、いつかまた逢い 家族になれますように、、』

別れではなく また逢う為の器探し、、いつの日か、、必ず。

いくらお金や名誉があってもいつかは必ず無くなる器。

それは ペットも我々にも平等に

花は散っても また来年も咲く

そこに家族という木がある限り

FullSizeR (023)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です