ペットセレモニーの当たり前を変えたくて

ペットセレモニーの当たり前を変えたくて

当たり前を変えたくて!

ペットセレモニーと言いながらも未だ セレモニーとしてでなく火葬(焼く事)を主とし葬儀ではないペットセレモニー業界の当たり前。

未だに合同火葬のカテゴリーがあるペットセレモニー業界

未だに種類、大きさで値段を決めるペットセレモニー業界

未だにダンボールの棺を当たり前とするペットセレモニー業界

未だにお墓に入れないと供養出来ないと言い切るペットセレモニー業界

拾骨もどこの部分から入っているか分からないペットセレモニー業界

めるもではそんな思いはして欲しくないところからスタートしています。

ご家族の気持ちは物としてではなく、、家族の一員としてお見送りしたいはずです。

広島市での火葬は体験されたらお分りだと思いますが、、書類を書いて預けたら終わり お骨も返ってきません。大好きなお家に帰してあげたい 、、、めるもでは残す事なく収骨してまいります。

ウチの子の居場所は家族の傍と考えます。

沢山のペットセレモニー業者がどのような形で寄り添ってくれるのか?よく検討されると良いと思います。

大切な我が子を託すのだから、、FullSizeR (023)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です