葬う方法は自由

葬う方法は自由

人の場合は火葬が定着し一世紀以上経ちましたがそれまでは 土葬が当たり前でした。

たまに ペットは火葬しないとダメなのですか?庭に埋めてあげたらいけないのですか?

供養出来ないのですか?

と聞かれます。

土葬にしろ 火葬にしろ やり方の一つであり 何ら拘る必要はありません。

人と違い どちらの選択にしても家族の近くに寄り添えるなら どんな形でも良いと めるもは考えます。

供養って言葉 一つに惑わされないでください。

どんなやり方でも 大好きな家族にお見送りされるのだから あの子達にとって幸せなんです。

家に遺骨をいつまでも置いたらバチや供養出来ないってお話しや相談もよくあります。

基本あの子達は大好きな家族にバチを与えるような事はしません。

ただ あまりに亡くなった事で その子に執着(ペットロス)しすぎ 日常生活に影響があるのであれば 見える所から離すのも一つの手でしょう。

考え方の一つとして、、肉体は天に昇り 魂は今もご家族と共に あなたの傍で寄り添って見守ってくれてると考えたら 少しは変わるかもしれません。

いろいろ試されると良いと思います。

何よりあの子達が心配しています。

葬う=永遠の別れではありませんよ。

そう めるもは思ってお手伝いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です