病気と向き合い後悔されたご家族さまへ

病気と向き合い後悔されたご家族さまへ

めるもでお見送りさせていただく子達の殆どが 何らか病気で亡くなった子が多く

ご家族さまと話しをよくさせていただいています。

『もっと早く気づいてやれば良かった、、。』

『早く治療してやれば良かった、、。』

『病院を間違えたかもしれない、、。』

『手術してやれば良かった、、。』

などご家族さまは後悔の気持ちでいっぱいになります。

しかし この子達はその事を責めたりするでしょうか?

本能的にも隠したはず、、弱った姿を見せるのは本人にとって一番辛い事、、

病院だって行く事の方がストレスかもしれません。

あの子達にとって病気もしっかり受け止め自然に従う覚悟をしてると思います。

抗う事もなく受け入れる、、

我々 人は本当に弱い生き物 生に対してしがみつきます。

あの子達からその姿勢を学びたい

あの子達は家族に愛され 孤独ではなく幸せな人生だと思います。

ご家族さまが後悔し辛い思いも分かりますが あの子達が家族に対し何も出来ない事 心配し悲しい思いにさせてる、、きっとそう思う事でしょう。

精一杯 努力された事でしょう、、苦渋の選択や沢山の葛藤があった事でしょう。

亡くなった後も後悔沢山します。

でも暗く後向きより あの子達の望む事は 沢山の思い出 大好きな笑ったご家族の顔と共にこれからも一緒に生きる事だと思います。

どうか、、、しっかり思い切り泣いたら 笑うようち努めあの子達を安心させてあげてください。

よろしくお願いします。

CE364648-5DD5-4207-9797-C63356496DA6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です