供養について調べてみました。

供養について調べてみました。

一般的に供養って言葉でよく話しをまとめられ、、なんだか意味すらはっきりしないまま しないと罰が当たりそうな気持ちになりますよね?

言葉の意味だけだと、、、

供養は、サンスクリット語のプージャーまたはpūjanāの訳で、仏、菩薩、諸天などに香、華、燈明、飲食などの供物を真心から捧げること。 日本の民間信仰では、死者・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多い。これから派生して、仏教と関係なく、死者への弔いという意味で広く供養と呼ぶこともある。 ウィキペディアで載っています。

でも、、本来 意味も分からず供養って言葉に流されて 形に拘るあまり 形に入り形に終わり 本来亡くなった人やペットの事が儀式の流れの一部として満足しているように感じます。

それが供養なんでしょうか?

逆に我々が亡くなりあの世から冷静に見た場合、、なんだか決まり事をして無理矢理感な気持ちになる事と思います。

そんな事より 生前 一緒に過ごしたり話しをしたり笑ったり泣いたりした事をしっかり時折思い出して これからもその思い出を胸に抱いて共に生きる。

それこそ供養だと考えています。

ですから〇〇しないと供養出来ないとか思うより

これからどのように貴方がこれからも一緒に!共に生きてあげるかだと思います。

めるもではそのお手伝いを、、ご家族さまに寄り添ってまいります。

E8924CAF-789A-4184-97A9-D4E848F16AAC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です