火葬の時の黒い固まりは?

火葬の時の黒い固まりは?

黒い固まりについて、、

火葬後によく年配のご家族さまから聞かれる事があります。

『黒い固まりは悪いところですよね?』

『癌だったから黒くなってるのですよね?』

とよく質問されます。

他社や人の火葬場の人の説明で殆どの方は信じておられる事と思います。

ですが、、全くのデタラメであり迷信が未だに語り継がれてるのです。

めるもの火葬は火入れから終わるまで窓から時折確認しながら対話しながら送っていきます。

ですから火葬中どんな状況か終始確認しながら見ています。ちゃんとご家族さまへ骨を返しちゃんとこの子達のメッセージを伝える為に、、

では黒い固まりは何か?

詳しく説明するには長くなりますのでセレモニーを依頼された時に細かく説明いたしますが、、

簡単な説明は皆さん焼肉をされた事はあると思います。

食べずに網にそのまま乗せたまま焼くと必ず炭になり焦げていますよね?あれは癌でしょうか?

違います。あれはそれ以上燃やす温度にないか酸素不足か火にあたりそこね冷えて炭になっただけなのです。

実際にお腹の中にある癌を教えていただき癌が残り固まりになった事など一度もありません。

癌と言っても肉体なので燃えてなくなります。残った黒い固まりは炭でしかありません。それはどの部位が炭になっているのかは分からないのです。

なぜなら火葬中はご遺体は筋肉の関係でかなり動くからなのです。

めるもではあの子達に関し嘘や迷信などで伝えたくありません。

中には『ここに癌がありましたね?苦しまれたでしょう?』など言う業者もいますが、、

それを聞く事でご家族さまはご自分を責めらるでしょう。

もっと何かしてやれなかったのか?もっと早く気づいてやれなかったのか?苦しませてごめんなさい。など考えられるはず。

この子達が亡くなりこの子達がそんな事を望むでしょうか?自分が亡くなる事によりご家族の傍へ居られない事、亡くなった後にご家族の悲しみの上塗りでより悲しみを膨らましている事

嘘や迷信でこれ以上苦しまない悲しまないようにして欲しいはずです。

あの子達はご家族がこれ以上悲しまない事を願っています。なぜなら  またいつか会えるから家族になれるからお見送りは永遠の別れではありません。

また会える為の旅立ち我々もいつかそちらに旅立ちます。

きっと会えます。縁はずっとずっと繋がったまま

めるもではそのように考えています。

どうか最後の最後まで家族として物としてでなく、、

沢山のものを与えてくれた癒しをくれたあの子達に後悔のないお見送りをしてあげてください。

 

火葬の時の黒い固まりは?」への16件のフィードバック

  1. 先日は大変お世話になりました。

    そして初七日当日にめるもさんから
    お手紙まで届きましたこと
    本当に感謝申し上げます。

    また書いて下さっている内容が
    当日お話しさせて頂いた事が綴られており
    おむすびのことをきちんと覚えて下さっていたんだなぁ、と
    家族で感動と共に涙致しました。

    重ね重ねではありますが、
    この度は本当に有難うございました。

    1. 返事が遅くなり申し訳ございません。
      こちらから ご一緒させていただきましてありがとうございます。
      この子達が空けた穴はなかなか簡単に埋まる事もなく ふとした瞬間に音や匂いなどで また 『あれ、、今 あの子が、、』なんて事もしばしば

      ゆっくりゆっくり その穴が小さくなり そして次には我々がいつの日かそちらに行き逢える その日まで 頑張りましょう。

      また必ず 逢えますから!

      ありがとうございました。貞守

  2. お忙しい所申し訳ございません。
    黒い塊で検索していた所こちらのコメント欄を拝見し
    コメントさせて頂きました。
    移動火葬車を利用し、便がたくさん残ったと(あった)と言われたのですが、便はのこる物なのでしょうか・・・。
    (便秘の子ではありました)
    とても気になるので、どうか教えて頂けないでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    1. こんにちは、、先ずはお悔やみ申し上げます。お辛い時に心配事で気になりますね、、
      ご質問のお答えですが、、便は必ずって言って良いくらい残ります。
      また一般的に言われる黒い塊りとは違います。
      黒い塊り自体 癌だとか悪い場所と言われますが、、全くの迷信です。
      変な話しですが、、焼肉をしていて食べずにアミに残しておくと必ず炭になります。それ以上燃えず炭化しただけなのです。
      ですから 火葬業者の黒い塊りは悪いところは分かるはずが無いのです。
      似たような感じで ウンチもそのままの形で残ります。
      宿便なのです。

      ですから必ずどの子も少なからず宿便はありますのでご心配ありません。

      1. お忙しい中ご返答感謝致します。すごい便だから、痛かったと思うよ・・・とか、下剤とか浣腸とかあるじゃないと言われました。
        今年はじめから通院中で下剤は脱水起こすのでさけたいと先月言われ、なんとかいろんな方法で様子を見てました。
        腸にガスがたまっており、試験開腹を検討したほうがよいといわれました。
        腫瘍は黒い塊で残るからと言っており、お骨上げの開口1番がなんの病気だった?便がすごいよと言われたので、今も後悔ばかりで消化できず、又、お焼香もなしだったので、気持ちが苦しく、こちらの記事を見つけ思い切ってご連絡させて頂きました。10月は沢山の痛い検査、怖い検査をしてなんとかおちつき、ここ数日で便秘になりなんとかと思っていた所だったので、色々言われて悲しい気持ちしかありません・・・。
        業者さんを探し、選ぶのも運?とか電話等の対応で良く見ないといけないんですね・・・。
        色々ありますが、もう少し暖かい人柄のかたにお願いできたら、良かった・・・。

        1. とても悩み苦しまれましたね。
          同じ移動火葬をする者として悲しいばかりです。
          火葬業者に求められる事は真実であり 知ったかぶりをしご家族を悩まし苦しめるのは本来絶対にあってはならない事と僕は思っています。
          何より亡くなれた小さな家族がより家族を悲しませる事を望むはずはありません。
          あの子達からしたら感謝しかないはず、、
          きっと 『悲しみ苦しまないで、、』と言ってくれてるはずです。

          またいつの日か出会い家族になれます。

          縁は切れない!ずっと繋がり結ばれてますから!!

          大丈夫です。

          貞守

          1. 貞守様
            有難うございます。身勝手なお問い合わせしてお返事頂けて感謝致します。又、出会えると信じて(出会えるとおっしゃってくださったので、出会えるようなに願って)この子に感謝しながら、今居る子も大事にしたいと思います。本当に有難うございました。気持ちがホッとしました。貞守様に見送られる子はきっと大事に接して頂けるんでしょうね、とても羨ましいです。お忙しい中、何度もご返答くださり本当に有難うございました。

  3. 今は辛くて胸が痛くて泣いてばかりです。1月30日に愛猫を亡くしました。シャワーしてキレイになって直後にパタリと息を引き取りました。
    急いでかかりつけ医に診てもらいましたがなす術はありませんでした。
    元気でしたが13歳の身体には冬のシャワーも負担でしか無かったんだと悔やんでいます。
    ゆうさまと貞守様のコメントを読んでいて、また泣いてます。
    我が子も重い便秘に悩まされ通院処置をしておりました。なので火葬後、便が白っぽく残っていて体内に長く残っていた便ですね、、、と、聞かされあの子がどれだけ便秘で辛かったんだろうか、、、と、心不全と便秘にしてしまった私がいけなかったんだと後悔ばかりです。
    時間を巻き戻したい。
    ごめんなさい。
    こんなコメントしても仕方なかったんですが今だけ許して下さい。
    わたしの心を聞いてます下さった皆様ありがとうございました。

    1. 先ずはお悔やみ申し上げます。
      悩み苦しまれましたね、、
      ゆうさまの時にお応えした通り うんちは食べる物によって火葬すると茶色や白色になったりします。どの子も当たり前に残ります。
      粉々になったり 綺麗にうんちの形になったりさまざまです。
      人もこの子達も一番の苦しみは孤独だと思います。
      寿命の長さが幸せとは限りません。
      病気だったり事故だったり明日の時など保証は何一つ無いと思います。
      シャワーだっり便秘で苦しめたとかでご自分を責めないでください。良かれと思い、、それが正解とか不正解とかは医者さんであろうが分からない事 決めるのはご家族とこの子が決める事だと思います。
      幸せだからこそ頑張り13年生きれたんだと思います。
      孤独でなかったから頑張れたのだと思います。

      この子が今一番この世に心残りがあるならば 自分のせいでご家族を苦しめている事でないでしょうか?

      我々はどうしても もっと何か出来たかも?違う方法あったのでは?とか考えてしまいますが、、そうやって苦しむほどあの子達は心配になり何も応えてあげれない自分を責めるでしょう。
      ですから 思い切り泣くだけ泣いたら 残った我々は『大丈夫だよ。心配いらないから!またいつの日か逢えるのだから その日を楽しみにこっちで頑張るよ!』って言ってあげてください。
      必ず また逢えます。

  4.  16歳の子を送りました。後悔、自分の無力さに涙が止まりませんでした。
     でも、このお話を聴き、顔を上げることが出来ました。本当にありがとうございました。

    1. 人は必ず後悔したり悩んだり 何度も何度も自問自答したり
      本当に良かったのか?を考えたりします。
      でも幸せだからこそ、、家族が出来たからこそ頑張り16年過ごせたのだと思います。
      何も出来なかったと責めないでくださいね、、、
      この子が心配になりますので!

  5. ご返信下さりありがとうございました。我が家にはニャンズが他に6匹おります。お空に逝ってしまった子を思うとまだ涙が出ますが、他の子も大切です。幸せと感じて貰える様にこの子達もお世話させていただきます。お空に逝ってしまったあの子が教えてくれた事ですね。
    気づきのお言葉をありがとうございました。
    この世の動物達が幸せになりますように。

  6. 初めまして。
    先週土曜日の朝、突然のさよならになってしまいました。16歳半の女の子ミックス犬でした。
    もう歩けなくてオムツ生活だったけど、ご飯もよく食べて元気にしていました。
    その日も、ご飯を全部食べ終えた後、少ししたら急に逝ってしまったのです。
    今となっては原因も分からないし、病院で最近は検査もしてなかったからもしかしたら病気になってたのかもしれないし、思い返してみれば亡くなる日の朝、いつもより長く寝てて起きてこなかったな…とか、思い当たる節があり、その時のことがグルグルとループされキリがありません…

    そして、今回依頼した葬儀会社のやり方にどうしても納得が行かず、勇気を振り絞って苦情を入れて、骨壷のサイズアップと葬儀代金を返金してもらいました。
    私が自分でお骨を入れ替えたのですが、その時に頭蓋骨が脆くて崩れてしまったのですが、とても大きな黒い塊がありました。
    前回亡くなった子のお骨にはなかったので不思議に思い、調べてみましたが結局、炭にしては大きすぎるし腫瘍だったのか焼け残りだったのか分からないしずっとモヤモヤしています…

    とにかく今回の子は、我が家にいた4匹の中の最後の子でした。そして私の一番思い入れのある子だったから、後悔しないように旅立たせてあげたいと思っていたのに、雑に流れ作業の様に扱われ、合掌もなくお悔やみの言葉一つありませんでした。
    お骨も素手で触り、骨壷をシャカシャカ何度も振りながら骨を入れてました。
    あり得ないし許せないです。
    悲しくて悔しくて、その時何も言えなかった自分にも腹が立ちます。
    だから黒い塊が残ったのも、それが何なのか、担当者の技術不足なのか、気になってしまい…
    出来る事なら時間を戻してほしいです。
    私なりに我が子の為にやれる事はやったつもりですが、まだ色んな気持ちで整理が付かず、心が追いついてないので、乱文で申し訳ありません。

    1. 先ずはお悔やみ申し上げます。
      大切な我が子を失っただけでも計り知れない心痛なところ葬儀屋の不手際で後悔の念 お察します。 

      私から言えますのは16歳半の年齢でご飯も普通に食べれていたのであれば それは老衰だと思います。幸せだったからこそその年齢まで頑張ってこれた事と思います。我々 人とは違い環境(ストレスの無い生活)家族(愛情)これらが重なり幸せかどうか?が決まるように感じます。家族が出来た事で孤独ではなかった事 意外と病気云々はあの子達にとっては自然に感じる事であり 受け入れながら生きていけるのがあの子達の素敵な生き様だと思うのです。我々も見習うべき在り方かもしれません生に対しての執着もありませんし、、

      葬儀(火葬)に関してですが 頭の中の黒い塊は炭で間違いありません その葬儀屋さんの技術的な問題云々は分かりませんが 例え癌とかであっても燃えます。では何故?ってなります 簡単に説明いたしますと酸素量がたまたま足りず炭になっただけです(パンとかでも焼き続けたら炭になりますよね、、あれを業者や昔の人は悪い所は残るって伝えてるのです。) 頭は頭蓋骨で守られてなかなか火が回りきらない場合があります ですから残る場合もあれば残らない場合もあります。なかなか文章では伝わりにくいのですが悪いところが残るって言うのは完全な間違いになります。

       結論から申しますと今回の件であまりご自身を責めないでください 確かに後悔はあるかと思いますが そのお姿を見て一番悲しむのはこの子だと思います。
       傍で慰めたくとも出来ない 自分の事で家族を苦しめてるのかな?とか感じるかもしれません。それよりは形は変われどこれからも一緒に居れますし この子との思い出と共に生き この子の為にも笑ってあげてください。
       きっと今も傍で見てくれてるはずです。ここでは上手くお返事出来てないかと思いますが何かお聞きになりたい事とかありましたらいつでもご遠慮なくお電話ください。

      めるも貞守

      1. お忙しい中、ご丁寧にお返事いただきありがとうございます。

        黒い塊については、炭でしかなく、それもあの子の体の一部なんですね。

        葬儀屋の対応がもっともっと丁寧にやってもらえていたら、少しでも気持ちが軽くなっていたかもしれません。
        今更悔やんでも、こちらに不満をぶつけても仕方ないのですが…

        今日であっという間に初七日になります。
        まだまだ悲しくて、毎日泣いてばかりです。
        あの子に会いたい、戻ってきて欲しい…
        笑って過ごすには、まだ時間がかかりそうです。

        でも、今もそばで見てくれていると、優しいお言葉をありがとうございました。私もまだこの家に、あの子を感じるような気がしています。

  7. こんばんは。
    お忙しい中、恐縮ではございますが6/18のコメントは届いていますでしょうか。
    前回メールさせていただいた時は承認待ちだったのですが今回は違ったので、届いているか気になりコメントさせて頂きました。

神川 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です