ペットの高齢化問題、、めるも 貞守

ペットの高齢化問題、、めるも 貞守

いまでは人だけでなくペットも寿命が長くなり平均寿命もかなりのびてきています。

寿命が延びるのは良い事のように思えますが、、飼い主もペットも高齢になりお互い老老介護のようになるケースも少なくありません。

もちろんペットにも認知症もあり徘徊や夜泣きも当たり前にあららます。

いろんな病気と合併症になり医療費もかなりかかったりします。

そうなってくると飼い主さんの体力があるうちは大丈夫なのですが、、

毎日に徘徊や夜泣きでご家族も寝れなくなり最後は市や県の施設や民間の保護施設などに引き取ってもらうケースが増えてきています。

殺すよりマシとご家族は考えるでしょうが、、大抵の子は預けられわずかで亡くなるケースが多いのです。

家族が一番のあの子達には他所に預けられる事がかなりのストレスなのです。

めるもでも施設からの依頼で火葬させていただきますが、、

もう少し我慢してあげて欲しかったと思う事はよくあります。

一人寂しく逝くあの子達の事を考えると胸が苦しくなります。

どうか飼うなら最後の最後まで家族として貫き見送ってあげてください。

また本人さんが高齢になるのであれば飼わない勇気を、、

自分の心を埋める道具にはしないでください。

めるもスタッフ  貞守AC71A787-F7BA-4343-98D7-F4382C5CEF4F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です