ニヤちゃん、、、ゴメンな

ニヤちゃん、、、ゴメンな

IMG_2550 IMG_2551

19時40分、、佐伯区海老園2丁目、、、ウチの店の前で猫がひかれた。

ウチの前は交通量はまあまあだが ひいた事気づかない程ぢゃない。

なんでそのまま走れる?

なんで知らんぷり出来る?

人でないからか?

心のどこかで 人でなくて良かった。って思ってる?

命だよ。同じ命だよ。

一番最初に発見してくれたスタッフに名前をつけてもらったよ。

『ニヤちゃん』

これも縁だよ。

ちゃんと 送ってやるから、、、

ゴメンよ。

違う形でいつか会おうね。

安らかに穏やかに虹の橋を渡って。

本当にゴメンよ。

IMG_2553

4月23日(日)わんにゃんチャリティーふぇすイベントポスター

4月23日(日)わんにゃんチャリティーふぇすイベントポスター

IMG_2514 IMG_2519

ウチの子達もポスター完成を喜んでくれています。

 

4月23日のイベントは 2016年に亡くなった子の合同慰霊式プラス  チャリティーコンサート、またケイタリングカー(キッチンカー)を呼び  食を楽しんでいただいたり、沢山のお店に来ていただいています。

合わせて 譲渡会もさせていただいています。

この機会に譲渡会とは何か?命を救う、殺処分0に向け知っていただき啓発などに繋がればと思っています。

 

是非 お越しください。

 

 

野良から、、、貞守です。

野良から、、、貞守です。

今日はとても良い気持ちになりました。
セレモニーを受けて晴れる気持ちは少なくて、、、

この子は野良の子で推定1歳くらい。

家の外の片隅で亡くなっていたそうです。

知らぬ顔出来ぬとウチへ運んでくださいました。

この子に名前をと、、、『メルモくん』とつけていただきました。

外は滅茶苦茶 寒いですが、、温まる人の優しさですね。

この子も最後の最後に人の温もりを感じてくれた事でしょう。

顔も穏やかに安らかです。今にも起きてきそうなくらい。

『良い男だよ。』と褒めてあげました。

まだまだ 捨てたもんぢゃないですね。

IMG_2500

虹の橋を渡り穏やかに安らかにまたいつか会えますように、、、

めるもの会、、、みんなで仲良く

めるもの会、、、みんなで仲良く

IMG_2493 IMG_2495IMG_2494

今日はセレモニーが終わってから古江中央霊園にある動物供養塔へ納骨に行きました。

去年 亡くなった身寄りの無い子達の遺骨です。

年に2、3回 めるもの会に入れて供養させていただいています。

種も違い、大きさも違い、

だけど、、、みんな仲良く一つになり入っていきます。

『 喧嘩とかしないで、、みんな仲良く 遊びまわるんよ!!』

と話しかけながら手を合わさせていただきました。

一人 一人 顔を思い出しながら。

良い天気で良かったね。

広島大寒波、、、

広島大寒波、、、

IMG_2484

広島市でも久々に大雪に見舞われましたね。30何年かぶりの大雪だそうですね。

これだけ温度差があると年配のワンニャン達も病気持ちの子達もかなりの負担になりますね。

雪は綺麗で たまに見るには良いけど、、、

最近は 憎たらしさを感じるようになってきます。

大切な家族からこの子達の命を奪う白い悪魔のようにさえ感じます。

あまりに辛く、、、淋しさすら凍らせてしまいます。

今回の冬は本当に多くの子達をお見送りさせていただきました。

毎日、毎日、、

早く暖かくなりますように、、、

願います。

IMG_2485 IMG_2488

ご家族さまよりお手紙、、、

ご家族さまよりお手紙、、、

先日セレモニーをさせていただいたご家族からお礼のお手紙をいただきました。
ブログに掲載して良いですよとおっしゃってくださったので載させていただく事にしました。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(=^ェ^=)〇〇ちゃんが死亡する3〜4ヶ月前から様々なペット葬儀について調べることを始めた
と1月2日に話しました。その上で「めるも」さんがONLY ONEな所をもう自信持たれ
ているか言われるまでも無いかもしれませんが伝えておきます。

私たちが最も嫌うのは「葬儀火葬が流れ作業かつ返骨なし」なことです。その上で私
が最初に様々な業者を選考する上で遠慮したいと思ったのは「経営母体が大きなとこ
ろ」「サイドビジネスなところ」です。この2つは他の業界であっても流れ作業にな
りがちです。HPには丁寧にと書いてはあるが実際は働いている人は責めませんが派遣
の方が出てきて「次があるから」と〇〇ちゃんのたった1度しかない最期の時を無駄に雑にしがちです。

「めるも」さんを選んだのは「最も流れ作業にならなそう」だからです。思ったとおり命への配慮がありました。HPのプロローグ通りだったのです。自身もペットを看取った経験とこの業界への憤りが起業のきっかけという、しかも今も譲渡された猫を自宅で多頭飼いされているとなるとさらに共感が持てます。私たちも地域の野良猫をNPO法人に捕獲ゲージ借りてきて捕獲して飼っているので一緒です。捕獲ゲージの中に捕獲目的で餌をやっているのに「餌遣りしている」と悪い噂がたったり。地域の野良猫が多くて何とかしようと個人で動いているのにです。捕獲失敗して餌だけ取られることもあります。

「めるも」さんに聞いた「動物は徳があるから人間より寿命が短い、現世での修行が早く終わる」「火葬中の陽炎の陰影」「喉仏の印」など遺族は〇〇ちゃんに苦痛を強いてまで延命治療をしたことすら後悔していたので私たちを励ましてくれて嬉しかったです。色んなペット飼っている人にこの話は話しています。

細かい配慮、痺れます。封書のシール、わざと〇〇ちゃんの配色に似た猫のシールであったり、この志し高い事業が続きますようにとの願いを込めて当日、志しを包みました。他の業者と比べても自宅近くまで来てくれるのにこんなに安いので採算とれているか心配になります。車の改造もお金の面も大変であったでしょうし何より灰が常の炉の周りがかなり掃除しているなと感じるくらい綺麗でした。炉の周りが綺麗だったので安心して「〇〇ちゃんをお任せします」と思いました。

お経も素人ながら勉強されているのを感じますし12月には愛玩動物飼養管理士の資格取られていましたよね?ちゃんとブログ読んでいますよ(笑)夜遅く帰宅しかつ朝早い出勤なのによく取れるなと関心します。私たちはまさかお経をあげてもらえると
思っていなかったんです。ペットは人間と同格という私たちの気持ちと一緒ですね。

少しでも他のペットの飼い主さんたちが最期をどこにお願いしようか迷っている人に私は『めるも』をススメます。

〇〇ちゃんの骨壷の上から毎日、コンコンって音させて触っていますよ。なんかそこに〇〇ちゃんの存在がある気がして改め
て返骨の大切さを感じました。〇〇ちゃんのためと思ってお願いしたのに遺族の心の納得のためでもあったと知りました。

志し高いお二人の事業が末永く続きますように。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とお手紙をいただきました。身に余る光栄です。ご家族と縁を繋いでくれた〇〇ちゃんに感謝いたします。これかもスタンス変える事なくこの子達の為、ご家族の為にまた会える、、後悔のないお見送りのお手伝いを、、、もう一つの家族としてお見送りしたいと思います。

迷子札を作っていただきました。(彫刻屋猫の爪)

迷子札を作っていただきました。(彫刻屋猫の爪)

IMG_2459迷子札について、、、

昨日 彫刻屋 猫の爪さんとお会いし

素敵な迷子札を作っていただきました。
今春のイベントにも参加していただく事になっています。

http://blog.c-box.org/?m=1

これはアルマイトという素材を使い掘った印字が劣化しにくい利点を活かし、、とても軽く丈夫に作られています。

迷子札、、、ワンちゃんにとってとても大切な物であり個人的には着ける事は飼い主の義務だと思っています。

物言わぬこの子達を守る為にも万が一 離れたりした時に、、、

必ず 役に立つはずです。

最近 飼い主が分からないワンちゃんがよく保護されています。

何故なんでしょうか?

棄てられてる?それとも何かのアクシデントで放れてしまった?

理由は様々でしょうが、、事故や最悪の事態にならぬ為にも迷子札を是非着けてください。

切に願います。

お墓について、、、貞守です。

お墓について、、、貞守です。

お墓、、、それは家のようなものだと思っています。
戸建だったりマンションだったり。
いろいろな形がありますね。

中には自然の中にテントを張ったり。

形も大きさも 入る人数も様々ですね。

我々のお墓選びも最近では随分変わってきましたね。

墓守をする子供がらいないから合同墓を選ばれる方が増えてきています。最近の流行りと言いましょうか、、、マンション型ですね。

誰かしら参ってくれるから寂しくないってメリットみたいなものも感じられる方も少なくありません。
合同の中にも2種類ありまして、、、
マンション型でも各部屋があるタイプと、、
形はマンションですが部屋は大きな部屋が一つしかなく そこへ皆さんが入るタイプがあります。

前者が合同墓で後者が合祀墓となります。

これはペットのお墓も同じです。
部屋=骨壷と考えると分かりやすかもしれません。

意外と分かりにくい部門かもしれないので、、、、

戸建だとその子だけの為なので比較的 値段は上がりますが、、デザインも大きさも ご家族で決める事が出来ます。
広島の場合はだいたい15万円くらいから始まり 30✖️30センチ区画が基本ですね。

僕が考えるに人のお墓選びとペットのお墓選びでは根本的に違うのは 入れるタイミングを家族で選べ縛りが無いと言う点です。
宗教、法律などの縛りが無いという事です。

ある意味 自由なんです。

哀しみ癒えるまでそばにず〜っと寄り添っても何の問題もありません。

ただ いつか私たちがこの世から居なくなる事を考えたり、、

ふと骨壷や遺影を見た時に『もう大丈夫だよ。いつまでも哀しまないで笑ってね。』そんな風に感じれる時がきたらお墓を考えてあげて良いと思います。

あくまで個人的な意見です。
ご参考にしていただけたら嬉しいです。