動物虐待

動物虐待

DAC0D9F5-33DB-4627-A47A-37A493558A03

今この子の事で日本中で注目されています。

先週 ある方のツイッターの投稿画像がキッカケになっています。散歩中に飼い主が躾としょうして この子を蹴り上げたのです。

一度ではなく二度も 日頃から蹴っている感じに見受けられます。

その投稿を見た 広島の愛護団体の勇気ある女性が 京都まで車を走らせ 場所を特定し この飼い主と会う事が出来ました。

彼女からすれば虐待を受けているこの子をこの場に置いておける訳もなく、、

飼い主と話しをするも暴れられ警察介入の事態となりました。飼い主が落ち着くまで主人が彼女へ保護を承諾し、、彼女はこの子を広島へと連れ帰り すぐに病院へ連れて行き診断してもらいました。 虐待の被害であろう怪我をしていました。

外傷だけでなくこの子の心の傷も心配です。

 

これで終われば良いのですが、、やはり問題は続きます。

それは この子は法律の中では『物』なのです。

所有権って発生するのです。ですから飼い主が所有権を放棄しない限り あの子は返さなくてはいけません。拒否した場合は罪に問われるのです!!

あり得ない現実が、、

彼女はどんな事があろうと飼い主の元へこの子を返す気持ちはありません。

虐待から守った勇気ある彼女を犯罪者にしてしまう日本の法律って何なんでしょうね。

 

あの子達は家族、命です。 僕も物として扱う日本の現状を打破する為に めるも を立ち上げました。

こんな 当たり前を当たり前のように出来ないこの『物扱い』を一日も早く変わりますように切に願います。

リメンバーミー

リメンバーミー

A912A190-A7D1-4707-AB44-95C2A41F0DFC

みなさんはディズニー映画の『リメンバー・ミー』を観られた事ありますか?

人だけでなく 生きる物全てに二度死がある事を

一度目は病気や何らかの理由で亡くなる、、命の死

二度目はその存在の記憶がこの世から無くなる 記憶、思い出からの死、、

誰にも思い出してもらえない天国に行っても 消えて無くなってしまう 、

ストーリーの中にこれらが含まれています。

確かに 自分に置き換えて考えてみても よく理解出来ます。

死は平等に生きる物全てに当たり前にありますが、、

亡くなった後にどれだけの人が僕を憶えてくれているだろう?

良くも悪くても良いから記憶に残って たまに思い出してもらえる方が幸せな気持ちになります。

誰にも思い出してもらえないほど寂しいものはありません。

是非 みなさまも考えてみてください。

人生観変わるかもしれませんね。

人に対して、、ペットに対して、、接し方が変わるかもしれません。

この子達と共通点(骨、、

この子達と共通点(骨、、

骨の数について、、

皆さんはご存知ですか?

犬は約320本

猫は約244本

人は206本

ハムちゃんも人より多いそうです。

骨の数はそれぞれ違いますけど

この子達と共通してる箇所があります。

脊椎、、首の骨です。

人も犬も猫もハムちゃんもあの首の長いキリンも7つの骨なんです。

なんだか嬉しくなりますね。

大差ないのだと、、

全て 愛おしく感じる小さな家族。

もちろんどの子にも喉仏もどの子にもちゃんとありますよ。