ペットの火葬代行って?

ペットの火葬代行って?

広島にもペット火葬の代行業者がいくつかあります。

次のことを知った上で依頼されるのであれば良いと思います。

基本代行業者は広島市の火葬場へ持ち込みます。(高天原や五日市火葬場)

ここへ持ち込みされますと返骨はありません。合同火葬された後 供養といわれながら他県に運搬されます。

お隣廿日市市では入れ物を持ち込めば一部を返骨してくださいます。

小さな家族を失いパニックになりよく考えずに値段で決めたりして後悔のないようにしましょう。

広島には固定炉を持つセレモニー業者もありますし、めるもと同じく移動火葬車のセレモニー業者も複数あります。

送り出し方は違えど 可愛い小さな家族がお手元に返らない悲しい思いはしなくて済みます。

どんなことでもまずは想いを我々にぶつけてみて下さい。どのように送り出してあげたいのか?

遠慮なくお電話ください。IMG_3095

 

合同火葬って?

合同火葬って?

メルモは合同火葬は致しません。

我々ペット火葬業界は物を焼く,、焼却ではありません。大切な家族をお見送りさせていただくお仕事です。

ですがまだまだ業界の多くは合同火葬のカテゴリーがあります。

ホームページ等では良いように書いてあるペットセレモニーがほとんどですが 結果 物としてあの子達を扱っていることに気づかなくてはいけません。

あの子達は種は違えど家族、家族の一員なんです。

人には合同火葬はありません。なのになぜ?あの子達には合同火葬や重たさや種類で分けるの?

ダンボールの棺で重たさを測り金額を決める事に疑問を持ちましょう。

大切な家族として後悔のないお見送りを、、、。

めるもはベビーバスケットの棺に(布団セット込み)寝かせてあげこの子だけを虹の橋へと送り出します。

棺(リラックマ)

赤ちゃんに戻りいつかまた家族になれますように願いを込めて。

 

ペットのお墓を考えるなら

ペットのお墓を考えるなら

基本めるもではお墓に入れないと供養できないとは考えていません。

あの子達が一番喜ぶのはご家族の近くであり いつもいつまでも 傍が1番と思ってくれているはずです。

でもいつかお墓をと考えておられるのならば お薦めはあります。

ひとつは 古江中央霊園にある動物供養塔 ここは合祀と合同があり 生前人界に尽くしてくれたのだからと霊園さまのご厚意でお値段もお安く年会費もありません。

IMG_4475img_2407

そしてもう一つのお薦めが廿日市市峠にあるオンリーワンさん

ここはいろんな形のお墓のあり 合祀、合同、個別,樹木葬などご家族の思いを形にできます。

ペット好きなご夫婦が管理され 愛情を感じる穏やかな場所だと思います。

年に2回法要をされ いつも沢山のご家族が参加されています。

いろいろ自分の目で見てオーナーとお話しさせて頂きましたが 心からあの子達に真摯に向き合うオーナーさんだと分かります。

18128590-5545-4A81-8224-0531E669FBDC5E32AD64-FDC0-479D-956A-CC1ECEC53EA188520376-94DF-42BB-8257-4E2A513A31C7IMG_3357IMG_3175

 

めるも からの願い

めるも からの願い

めるも ではセレモニー以外でもあの子達に向き合うようにしています。

その一つに 野良猫の不妊去勢をして元の場所へ返すTNRと

僕の住む町の地域猫活動をしています。

野良猫を増やしたのは 我々人の手により無責任に餌をあげた事により繁殖能力を上げた事により今のように あちこちで見かけるようになったのです。

悲しい命、、失わなくて良い命を作ったのは 我々 人だと言うこと。

餌をあげる事は必要な事!

でもその前にあの子達を保護し不妊去勢の手術をした後にあげるべきなんです。

無垢な顔で見られたらついあげたくなる気持ちは凄く分かります。

また トイレ、、糞尿についても考えなくてはいけません。それら問題を解決しない限り あの子達に安らぎ穏やかに過ごせる未来はありません。

どうか 悲しい命を増やさない努力、考えを切に願います。

AEB5F402-14E4-435E-B106-BBB9F85E23195ECF73C5-5FEF-416F-8E69-4117C2AFDBBFEA0B7D3F-6537-4713-9AF1-FE33BECAA762

呉動物愛護センターへ見学

呉動物愛護センターへ見学

97EBA4DB-8BDA-45AD-B013-FBB493F7C1E2

呉愛護センターへ見学に行ってきました。

ここは ボランティアさんの努力のおかげで とてもあの子達には良い環境にかんじました。

譲渡にむけて 出来る限りの手間をかけていただいています。

収容に限りもあり オーバーするとピースワンコに引き出されその先は幸せになってくれと願うしかありません。

絆が出来てきていてもまた0からのスタートになります。

ピースワンコのは殺処分0に協力してはくれていますが根本的な解決にはやはり収容数0や悲しい命を増やさない不妊去勢の徹底化

また飼うのであれば終生最後まで家族として暮らす事。

本当に0にしたいのであれば、、

殺処分0より収容0を県や国は目指して動くようにしないと、、

本当に向き合うならば 一度 このような動物愛護センターへ行かれると良いでしょう。

 

AA11AC06-2DC8-4735-A404-84102E6FED70