めるもで保護した子猫

めるもで保護した子猫

IMG_4138IMG_4132

この子達と出会った時は凄く汚く弱々しくお母さんに何とか必死でついていってるころからです。

離乳しもう少ししたら独り立ちしないといけない時期に迫っていました。

発見当初は3びきいた子猫も1匹は残念な事についてこれず 、、。

このまま 見て見ぬフリも出来ず保護しメディカルチェック、あらゆる検査をして健康体にし里親を探す事になりました。

 

頑張って姉妹で寄り添いながらここまできました。

あとは温ったか家族を探してやるだけです。

 

是非 会ってみてください。

お見合いされたい方は是非僕に連絡ください。譲渡には条件もありますのでご理解くださいね。

連絡先   08038904689さだもりまで

 

里親さん募集(=^ェ^=)

里親さん募集(=^ェ^=)

IMG_4079 IMG_4083 IMG_4084 IMG_4086 IMG_4087

ウチの店の前で保護した2匹の♀子猫ちゃん。(推定二ヶ月)

名前をピンクレディの『ミーちゃん』『ケーちゃん』にしました。

検査も白血病、エイズも陰性でエボルーションも二回済ませています。

出きれば姉妹で幸せになってくれる事を願います。

譲渡には審査、条件もあります。

連絡先は08038904689貞守までよろしくお願いします。m(_ _)m

突然、、別れ、、(田口です。

突然、、別れ、、(田口です。

うちに来る野良猫の内、メスは3匹。2匹は避妊手術済みで戻し、もう1匹はガリガリなので、餌をやり太って体力がついたら避妊手術をと考えていたサビ猫。

小柄で目つきが鋭く恐い顔をしている。しかし見た目と違い1番懐き、賢く、返事の鳴き声は何とも言えず可愛いらしく愛嬌がある。

道路の向かい側からいつも用心して渡って来るが、毎回ドキドキして心臓がもたない。

動物好きの私はすぐに情がうつってしまう、そして心配性になる。

だが、我が家には3匹の猫がおり色々な事を考えこれ以上は飼わないつもりだ。

余程の理由がない限り保護は出来ない(今は2匹の子猫を保護しているが)

なので野良猫に情がうつり過ぎないように正式な名前は付けない、
構い過ぎない…ように努力している。

サビ猫はカリカリのフードが食べれないので、見かけたら柔らかいフードを与える。そして段々ふっくらしてきて、元気になってきたなと思っていた頃、何日かサビ猫を見かけなくなった。『どうしたんだろう?調子が悪いのか、まさか交通事故にあってないよね⁈』
不安がよぎる。

夜遅くに仕事から帰って来ると、道路を挟んだ向かい歩道にサビ猫が倒れ亡くなっていた。

身体が震えた。

姿を見せなかったのに、うちに御飯を食べに来ようとしてたのか、頑張って会いに来てくれようとしてたのか…。

車にはねられた形跡は無かったので病気だったのだろう…。

翌日夕方からオンリーワンさんの霊園をお借りしてお見送りをした。

迷う事なくスラスラと私の心の内を手紙に書き、サビ猫の両手に挟んであげた。

最後はうちにの子にしてあげようと、名前は『いなり』と言われた。

実は正式な名前を付けないと言っていた私は、初めてサビ猫に会った時、すぐに名前が自然と浮かんでしまっていたのだ。

それは『日向( ひなた)』

ポカポカと暖かく優しい気持ちにしてくれたからだ。

サビでも、いなりでも、日向でも、この子はうちの子になった。

とても穏やかな顔になっていた。
喉仏はびっくりするほどに綺麗でこの子を表しているようだった。

今はこの言葉しかない。

『本当にありがとう』

田口美枝IMG_2031IMG_4034 IMG_4035 IMG_4037

めるもの貞守です。

最近見て見ぬふりが出来ない心優しい方が増えてきています。

通勤途中に横たわる小さな小さな固まり。
まだ 少し動いていたそうです。

しばらくし息絶え手の施しようもなく虹の橋を渡りました。

ひいたのも人、救おうとするも人、忙し中 足を止める事はなかなか出来ません。

余計に見ぬふりをする口実を考えてしまうのが人です。

人はそんなに強くないんですよね?

この子は名前を『幸せと書いてサチ、、サチちゃんとつけます。』

次に生まれてくるならまた会いたいねウチの子として生まれてきんさい。 と話しかけられていました。

家族として、、わずかな時間ではありますが、、愛で満たされ 第2のお母さんとして送り出していただきました。

幸ちゃんはめるもの会に入れさせていただきます。

小さな小さな白くて可愛い幸ちゃん、、、またね!!

『行ってらっしゃい』

 

IMG_3982