小さな命、、、田口です。

小さな命、、、田口です。

ボランティアさんから連絡を受け、もうすぐ1歳になる保護猫のセレモニー。

この子の名前はありません。
名前のない子にはボランティアさんに、又私達も一緒に付けさせていただいてます。

牛田新町で保護されたので、
『しんちゃん』と名付けさせていただきました。

チャトラの可愛い顔をした男の子。左手を上げ、まるで敬礼をしているような、顔を洗っているような格好をして…。

なかなか慣れる事が難しく、最後まで人を信用していなかったそうで、優しいボランティアさんもお辛い思いをされていました。

去勢手術も済み、元気だったのに突然の出来事。

オンリーワンさんの霊園をお借りして、夜のお見送りとなりました。

火葬前にいっぱい、いっぱい顔や骨ぼねしい小さな体を撫でてあげ、『ちゃんとしんちゃんの事見てるからね』と声をかけ…虹の橋へ向かって行きました。

一つ一つ骨を拾い『さあ、しんちゃん一緒に帰ろう。』

来世では元気で長生きして、人の温かさが伝わりますように…。IMG_2957

思い出す、、、田口です。

思い出す、、、田口です。

古江中央霊園の動物供養塔にて春彼岸の法要がありました。

セレモニーさせていただいた方々にお会いし、皆さん我が子を思いだし涙を流されるご家族もおられ…

私も身寄りの無い『めるもの会』の子達の顏を思い出し、セレモニーの場面を思い出し、自然と目頭が熱くなりました。

身寄りのない子の仮ではありますが家族として供養させていただきました。『めるもの会』の子達を思い出してあげることは、自分の中で大切な事と考えます。

亡くなった人、動物も毎日でなくても、何年経っても、思い出す…

思い出された人、動物も喜んでくれるのではないでしょうか(●´ω`●)

『めるめの会』のプレートを撫でて、(又来るね)と伝え無事法要を終えました。
(=^ェ^=)U^ェ^U

  • IMG_2878

春彼岸、、、

春彼岸、、、

  • 先日 IMG_2864 IMG_2871春彼岸の法要へ行ってきました。
亡くなった子達を思い出し供養塔へお参り、、、

ここには『めるもの会』の子達も入っています。

拾いきれなかった骨や家族のいない子達、、事故にあい亡くなった子達が入っています。
事故にあい亡くなった子達はウチの子として供養しています。

また会いにくるね。

君達は幸せだよ。いつまでもいつまでも誰かしらこうやって会いに来てくれるからね。

家族、、、種は違えど 家族、、

家族って 良いね。

IMG_2866 IMG_2871

思い出を大切に、、、めるも貞守です。

思い出を大切に、、、めるも貞守です。

いろんなお見送り方

我が子との別れ、、人それぞれであり。

一人で送られる方、家族、友人達と大勢で送られる方、、それぞれです。

この子にとって 最後は家族に見届けてもらえればどんな形であれ 幸せだと思います。

いろんな思い出、、最初の出会いから 別れまで 沢山の思い出。

走馬灯のように、、ふとした瞬間に思い出しますね。よく撫でていた頭や模様、噛まれた傷、よく振ってくれた尻尾、美味しそうに食べてたご飯、散歩した公園、よく行った病院、、、

沢山の思い出、、それは家族と我が子だけの歴史であり絆。

だから こそ後悔しないお見送りを手伝うように心がけています。
最後の思い出を台無しにしないためにも。

最後まで素敵な思い出であって欲しい。

私達で良かった。後悔無かったと言っていただけるように。

これからも努力してまいります。

愛情のアルバム。❤️

愛情のアルバム。❤️

2月22日、猫の日に可愛い猫ちゃんのセレモニーをさせていただいたご家族様が、御礼にわざわざ会いに来てくださいました。

『娘が作ったので見ていただこうと思って』と、拝見させていただいたのは、手作りのアルバム。

そこには色々なその子とご家族の写真が切り貼りされ、その子の生年月日、母親、兄弟の名前、チャームポイント、性格、好きな場所、物、人など記入されており、その子の肉球スタンプなど…
一つ一つに思いが詰まっており、出来映えも素晴らしいですが、生前その子がご家族に見せた表情はどれも幸せそうで、この家族の一員で良かった、幸せだったのだと改めて感じられる物でした。

又胸には、メモリアルカプセルのペンダントをされ…
家族のアイドルだった猫ちゃんがいつも傍で共にいて守ってあげてるんだね。

愛情溢れる手作りのアルバムを拝見して、私達も心が温まりました(*´ω`*)

ありがとうございました!

『可愛い気持』、、、田口です。

『可愛い気持』、、、田口です。

めるもの田口です。

以前譲渡会でめるもの苗を買ってくださり、お庭で育ててくださっている方の小さな猫ちゃんのセレモニーをさせていただきました。

3人のお子さんは涙を流し、幼い末っ子の女の子は悲し過ぎて、猫ちゃんに背を向け、見ることも触ってあげることも出来ず…ずっと泣いていました。
その姿を見て、ペットが亡くなり辛過ぎて現実を受け止めたくない幼かった頃の私を思い出しました。

ご自身もお辛い中、お母さんがお子さん達に声をかけられ最後のお別れ。

ご家族揃われ、虹の橋を渡る様子を見守られました。

初めて見る猫ちゃんの姿。
拾骨も小さな手で頑張って拾い…セレモニーが終わると、少し照れながら、お手紙を手渡してくれました。

見ると、『ありがとうございます』と書いてあり、猫ちゃんの名前とイラスト(*゚∀゚*)

一生懸命描いてくれたのでしょう!思わず気持ちが高ぶり、『ありがとうね、上手に描けてるよ、大切に宝物にするね‼︎』と伝え…今お手紙を見ながらこのブログを書いています。

素敵なご家族へ
『大丈夫、いつかきっと逢えるからね(=^ェ^=)』

IMG_2737IMG_4248

僕の夢 めるも貞守です。

僕の夢 めるも貞守です。

僕の夢

未だにペットが亡くなりセレモニーを頼むと セレモニーと言うよりゴミ収集や焼却にしか思えない業者が多い事、、
ホームページはペット達に対してそれっぽく書いているけど、、
なのに、、

大きさやキロで値段が違う事、、

命に重たさ大きさ関係あるのかな?

まるで 宅配業者に頼んでるみたいな気持ちになる。

供養と言いながらも、、ちゃんと向き合ってるのかな?

ダンボールに少しのデザインや色、、、なんで??

火葬したら『黒い所は悪いところです。』と平気で嘘をつく業者。

最後にこの子達からのメッセージを伝えない業者。

僕が住んでいる広島でも本当に数人しか尊敬出来るペットセレモニーはいません。

その方々でも大きさや重たさで値段が決まっいます。

全国的に当たり前だからです。今まで基準がコストありきで決められていたからです。

一番大切な事、、、この子達がどんな子でご家族にとってどんな存在だったか?
我々は忘れてはいけないと思っています。

本当に本当に我が子、恋人、友人、を失うのと変わりありません。

僕の夢は いつの日か めるもの考えを理解してくれる仲間を増やし
今までの当たり前を 変えたいきたい思い。

僕もいずれ 歳をとり今みたいに現場に出れなくなるかもしれない。

だからこそ 伝え繋ぎ 広げ 本当の意味で供養できる。後悔しないお見送りが出来るように頑張ります。

もみじちゃん、ゆいちゃん、パーシーちゃんからの贈り物

もみじちゃん、ゆいちゃん、パーシーちゃんからの贈り物

もみじちゃん🍁ゆいちゃんパーシーちゃん 。三家族からめるもへご寄付をいただきました。

一品一品 毎に愛を感じます。

健康を考え よりこの子達がいつまでも長生きしてくれると願い、、、愛のこもった品々

 

必ず 次へと繋がさせていただきます。

 

必要としてくれる子達が喜んでくれます。

 

このご家族のもみじちゃん🍁ゆいちゃん、パーシーちゃんに対する愛情が 他の命を救い繋げてくれるのです。

全てにおいて終わりではなく沢山の始まり もみじちゃん🍁と ゆいちゃん、パーシーちゃんの命は広がります。

 

沢山の寄付をくださった三方のご家族に心から感謝いたします。

 

もみじちゃん🍁ゆいちゃん 、パーシーちゃん ありがとう。

IMG_2731 IMG_2733 IMG_2734