ペットの葬儀やお墓は必要??

ペットの葬儀やお墓は必要??

ペットの葬儀やお墓は必要なのか?という質問をよく受けます。
私は次のように思っています。

宗教的な事、法律、いろいろありますが 、、、この時代 ペットを畜生と呼ぶ人も少ないでしょう。

われわれ 人間に寄り添い 一緒に人生を共にした家族と思います。
中でも 極狭い環境にあっても文句も言わず ただただ 側に居てくれる。

物言わぬ彼等に対して私達が家族として最後に出来る事、残った我々が生きていた証しとして最後の儀式
それは人もペットも同じ事と私は考えています。
また明日からも生きていく為にも、、、亡くなったペットの為にも我々の為にも必要ではないでしょうか??

お墓はお家と同じで そこに居る、存在出来る場所として安らげるであろう場所として飼い主さまが一番 良いであろう場所を選択されるのが一番だと思います。
人と違い法律で縛られてる訳でないので、ある意味 自由に選んであげたら ペット達も喜んでくれるのではないですしょうか?

ですから 今から 大切な家族として どうしてやりたいか、、を家族で話しをする事をオススメします。
その時がいつかきて 慌て悲しい事にならぬように、、、

素朴な疑問や質問がございましたら遠慮なく めるもでも個人でもご相談ください。

image

広島ペット火葬セレモニーの田口です。

広島ペット火葬セレモニーの田口です。

ペットのお墓について

こんにちは、田口です(=^ェ^=)
めるもでは可愛いペットのお墓(合同墓、合祀墓)を、古江中央霊園さんが今、心を込めて作られている段階です。

ここに至るまで何度も打ち合わせし、どうしたら家族して安心出来るお墓になるか また 家族になれる気持ちを込める事が出来るかを考えました。

完成予定は早くて2月中旬、遅くても下旬には出来あがります。

それまでは申し訳ございませんが、御手元供養していただくか、古江中央霊園さんにてペットの遺骨を大切にお預かりさせていただく事になります。

亡くなったペット達が穏やかに、安らかにいられ、飼い主がいつでも会いに来てくれる…そんなお墓になればいいなぁ…と思ってます(*^_^*)

個別のお墓を望まれる方は、古江中央霊園さんがご相談にのります。

完成が楽しみですU^ェ^U
一度 古江中央霊園のホームページを覗いてみてください。雰囲気が分かりまよ。

http://furue.jp/

image image

めるもの貞守です。ペットの年齢ご存知ですか?

めるもの貞守です。ペットの年齢ご存知ですか?

こんにちは〜(=^ェ^=)めるもの 貞守です。

皆さんはお家で飼われているペットの年齢はご存知すか?

いつまでも子供のような感覚で あまり成長した感覚はありませんよね?実は殆ど一年で大人になり2年目以降は かなりのスピードで年をとっていきます。

人もペットもいつまでも 健康で少しでも長く楽しく家族を続ける為にも ペットにも定期的に検診をオススメします。

 

imageimage

地域猫、、、めるも の貞守です。

地域猫、、、めるも の貞守です。

めるも の貞守です。友人と話しをしていて地域猫って何??って話しに、、、

 

地域猫 とは、、、

 

その地域にお住まいの皆さんの合意のもとに、地域で「飼い主のいない猫」を適正に管理しながら共生していくものです。

具体的には、去勢、不妊手術を行ってこれ以上増やさないようにしたうえで、適正にエサを与えて、食べ残しやフンの清掃をして管理していくものです。

このような管理がうまく続けば「飼い主のいない猫」の数は減少しいていくものと考えられています。

 

去勢、不妊手術の資金面について

猫の去勢、不妊手術をする為には、やはり手術代金を工面しなければなりません。現在は、いろいろな場所で個人的に活動されている方が自費で費用負担をされている状態です。

地域猫対策の取り組みを進める中で、町会、地域住民との話し合いでバザーやフリーマーケット、募金など様々な協力を得ることができます。(犬猫VOICEより

 

とありました。対策効果として、

野良猫が減少し、去勢、不妊手術による効果で尿も臭いが薄まり、さかりの鳴き声もなくなり、苦情、近隣トラブルも解消できるでしょう。

 

なにより、、、地域で動物を可愛がる気持ちが生まれ

コミュニケーションがより活性化し 地域住民の連携連体感も強まるのではと思います。

 

今は理想かもしれませんが

是等を知る事で理想が現実になると信じています。

小さな命を大切にする優しさあふれる地域になればと願います。

 

 

めるもでは地域猫として共生してくださった地域の猫が亡くなった場合、、ご連絡、ご相談ください。

めるも で火葬、供養してあげたいと思っています。IMG_4476