災害時における広島県 動物救護本部が設置されました

災害時における広島県 動物救護本部が設置されました

🔵災害時における広島県 動物救護本部が設置されました🔵

 

 

この度の大雨災害を受け,広島県災害時動物救護活動マニュアルに基づき,動物救護本部を設置いたしました。被災動物についての相談等をお受けしております。

 

各動物愛護(管理)センターへお問い合わせください。

 

<相談先>

 

広島市内 → 広島市動物管理センター(082-243-6058)

 

呉市内 → 呉市動物愛護センター(0823-70-3711)

 

福山市内 → 福山市動物愛護センター(084-970-1201)

 

その他の市町 → 広島県動物愛護センター(0848-86-6511)

 

<相談内容>

 

・行方不明動物の相談

 

・飼い主不明動物の保護情報等の提供

 

・その他ペットの飼養全般の相談 等

 

<救援物資等のお問合せ>

▶需要があるかを要確認

現時点一般物流もストップ状態な緊急時なので、様子見、下調べ必須!!!

 

食品生活衛生課

〒730-8511 広島市中区基町10番52号

乳肉水産グループ

電話:082-513-3103 Fax:082-227-1057

 

🔴ただし、現在三原にある、広島県動物愛護センターが被災状況のため、復旧まで業務もままならない状態です。

 

東広島市はじめ、広島県動物愛護センターの管轄市町のご相談窓口として、センター復旧まで待てないという方は

 

愛玩動物協会広島支所事務局 090-2801-9649

へお問い合わせ

 

==========================

 

★諸注意 心がけていただきたいこと★

 

▶支援物資の運搬、郵送に関しては、必要とされているものが明確になってから、また、交通事情などもよく調べたうえで行ってください。二次災害等に繋がらない配慮をくれぐれもよろしくお願いいたします。

 

支援物資は一つの段ボールの中に、同じ種類のものをまとめて入れ、「療法食犬用」「子猫用フード」「ペットシーツ」など箱の外にわかりやすく明示していただくと、仕分けの手間が少なくなります。

 

▶被災地に他県から入ってくる愛護団体が支援金を求めるケースが多くありますが、出来るだけ地元行政、地元ボランティアの動きを見て、支援の在り方を、もし自分がボランティアだったら、自分が被災者だったらの・・の思いで行動化していただく事が大切ではないかと思います。

 

▶避難所でのペット同伴、ペット同行の避難の在り方は、環境省により自助である とマニュアル記載されています。 各避難所運営の中でも、緊急時、ペットに関しては二の次三の次という運営所も多い事は予想されます。 そこで、普段からの近隣情報の中で、どんなペットが誰それさんの家にいるよね、 という周知をしていただける工夫(ペット表札など)をし、また災害時は避難所でペットの飼い主同士でのコミュニティーを作り、復旧作業中、一時帰宅中誰かがペットを見守る、等のお互い様の連携を持てるようにしていきましょう。 もちろん、必ずしもペットを連れて来られない場合にも、このコミュニティーは有効です。

 

▶普段からのペットの緊急時預かり先を考えておきましょう。 信頼置ける友人知人親戚に見ていただき、頻繁に会いに行ける環境がベストと思われます。 猫ちゃんも普段から時々ゲージで過ごさせる等の工夫もあると良いと思います。

 

残念ながら、心無い行動をとる動物保護団体なども緊急時を利用して入り込み、ペットを返還してくれないなどという、信じがたいトラブルも全国で多く発生しています。 信頼できる保護団体を見つける事も大切ですし、 やはり、 普段からの預かり先の確保を出来るだけお願いいたします。

未曽有の災害の中 野良猫ちゃん達は

未曽有の災害の中 野良猫ちゃん達は

広島でかなりの人が亡くなり今なお行方不明者も多数 流通 情報も寸断状態

亡くなれた方に心からお悔やみ申し上げます。

 

飲み水もままならない中、、

最優先は人!人命最優先なのは百も承知しています。

 

少しだけ気持ちにゆとり出来たら 野良の為に水飲み場を野良ちゃんの通り道、餌場に作ってあげてください。紙皿で良いんです。影にそっと置いてあげてください。

勿論 公の場や他人の土地は駄目ですよ。

口をあけて肩で息をする地域猫を見てふと思いました。

 

この子達を気にする余裕なんて無いのは当然。

 

ですが、、出来る人で良いので

気にしてやってください。

 

お願いします。

4CCD254A-51F3-4500-845C-0C6092832FA4

迷信?

迷信?

人もペットも火葬業者に『どこか悪いところありましたか?』

火葬後に『黒い固まりが悪い箇所なんですか?』

とかよくあるお話しですが、、

業者の誤魔化しであり全くの迷信なのです。

中には『この子は癌がここに転移し苦しんだでしょ?』『病院には連れて行かれましたか?かなり黒く残ってるので、、』

 

なんて言い切る業者がいます。

結論から言いますと 黒い固まりは入れた物や何かに重なり温度が低くなり周りに比べて炭になっただけです。

悪いところなんかではありません。

そんな事を言い切る前に この子がどんな子だったか?家族の一員としてどんな存在だったか?

一番 大切な事はそこだと思っています。

あの子達に対して正直にならない業者が多くなってきています。

いつの日かまた逢えるように後悔の無いお見送りを、、

スタッフ 貞守